関西的日常

駄文エヴァFF書きの日常
Powered By 画RSS
<< マチ★アソビVol.11の初日に参加してきました(後編(中)、幾原邦彦の世界レポ) | main | 表町、油そば専門店「めんらく」 >>
マチ★アソビVol.11の初日に参加してきました(後編(下)、幾原邦彦の世界レポ)
0



    4回に渡って書いてきました、徳島市の都市型アニメイベント「マチ★アソビ」の「後編(下)」、今回で最終回になります。(参照リンク、前編中編後編(上)後編(中)

    上の写真は前回冒頭で書きました 「ufotable cafe」にて飾られていました、幾原監督へ宛てた花束。
    ひっそり?と置かれていてとても可愛らしい、洒落た贈り物だと思います。


    10/12日に行われました幾原邦彦監督、庵野秀明監督、漫画家星野リリィ先生を迎えての「幾原邦彦の世界」と題されたトークライブの最後の話は2011年に放送されました「輪るピングドラム」。

    藤津「余命幾ばくもないない、妹ひまりを助けるため、二人の兄がピングドラムを探す…、といはいってもそのピングドラムが何か分からないんですが、実はこの三人は過去に複雑な因縁があって、その因縁を解きながら話が進行していく…という話ですよね、「生存戦略」であるとかの印象的な言葉が出てきたりであるとか、アイコンを使ったモブシーンであるとかの印象的なお話でした」

    アニメのキャラクター原案をやりませんか、と話があった時はどうでしたか、藤津氏の問いに対して。

    星野「初めは、「幾原邦彦」って名前を聞いたときに「あ、名前は聞いた事あるけど誰だろう」くらいの感じ。
    当時担当の人が幾原さんの事をよく分かってなくて、「少女革命ウテナ」って作品を作ってられる人みたいですよって言われて、そこで「あああ〜!ウテナの人だ〜!」って

    星野「ウテナという作品を知っていたので、『凄いアーティスティックな人なんだろうなあ』って思ってたら、最初、幾原さん待ち合わせの時間に遅れちゃって(会場笑)。
    しかも、全然電話が繋がらなくて。しかも、当時幾原さんって携帯を持ってない人だったんですよ。
    担当の人がオロオロしてて「すいません、幾原監督携帯持たれない人なんですよ」って言われるもんだから「ああ、凄い気難しい人なんだ、時間に縛られるのが嫌な人なんだ」って思っちゃって」

    星野「ただ、お会いしたら凄く気を使ってくださるし、凄く柔らかい印象の方で。結局この時の話は無くなったのですけど、後日連絡を頂いた時に「オリジナルアニメをやってみたいんだ」って話になって。それでピングドラムの原形を考え始めたんです」

    幾原「やっぱり一目ぼれでしたね。お会いした頃はそんなに有名じゃない時だったんです。
    「あ、こういう人がいるんだ!見つけた!」って感じでしたね。
    星野さんの第一印象がビジュアル映えされる方で、しかもそのビジュアルに誰も気づいてない!チャンス!この人に「こういうアニメありますけど」って言うと絶対乗ってくるはずだ!」と

    アニメーションの仕事に戸惑いはなかったのか、という問いに対しては。

    星野「自分がキャラ原案だって言ってもどこまでがキャラ原案なの?ってのがわからないっていう感じで、なるべく口を挟まない様にしようって。自分に与えられた仕事をやろうと

    幾原「自分で企画作ったり脚本書いたりして、散々周りの人に「これだよ!」って言ってるにも関わらず、ちゃぶ台返ししちゃうんです。
    ピングドラムも、ものすごいちゃぶ台返しがあって、最初は登場人物全員動物にするつもりだったんです。
    彼はライオンです、みたいな。で、ひとつだけ決まってたのはヒロインはペンギン。
    で、星野さんにペンギンの女の子を描いてもらったんですよ。それがプリクリ。(プリンセスクリスタル)それが凄く良かったんです

    幾原「胸の大きな女の子を描いてくれってお願いしたんだけど、星野さんは描いてくれなかったんです。
    長くアニメの仕事をやってなくて、やっと関われたようになったんだから、「おっぱいマウスパッド」というものがあると知った時に何が何でも、自分の作品では欲しいな、と!(会場大笑)

    星野「りんごちゃんの胸を大きくしてくれって言われて、それが泣くくらい凄く嫌で。
    おっぱいマウスパッドが欲しいから巨乳キャラを作ってくれって言われたら納得したんですけど、「アニメとしての希望として巨乳キャラが必要なんです」みたいな、高尚な言い方をされたもんだから余計腹が立って!(会場笑)そんな事でりんごちゃんを巨乳キャラにするのは我慢できないって、凄く反論したのを覚えてますね」


    幾原「僕は、凄く「絵に引っ張られる」人間なんです。星野さんの描いたキャラクターを見た時に、直感で「ああ、これは今までやりたいと思っていた95年の話なんだって。
    そうか!これだ!これをやる為に星野さんを選んだんだ!と思ったんです。

    幾原監督が話される「95年」とは地下鉄サリン事件があった年。
    輪るピングドラムは地下鉄サリン事件がモチーフになっていると言われている。


    幾原「始め、企画通した時に「ああ、またこれパロディーじゃん」って思って、どうしようどうしようって思ってた時に星野さんの描いてくれたペンギン見て、「これしかない!」って。

    ウテナからピングドラムまで時間が空いてるじゃないですか。
    実は僕は95年の話をずっとやろうと思ってたんです。でも、どんなに企画書をかいても通らないんですよ。「なんでこんな誰も幸せになれない話を作ってどうするの?」「あなたは何か高尚な事を言いたい訳?」って言う風にお金を出す人に言われちゃって」

    幾原「でも、どうしても95年の話はやりたかったんです。
    傲慢な言い方をすると、95年の話を作れなかったとしたらクリエイターになった自分の意味が無い、とまで考えてたんです。僕らの世代で95年は絶対的テーマで、60年安保、70年安保をテーマとしてた世代がいて、それ以降の僕たちの重要なテーマは95年だと思ってたんで、それを映像にできるのは自分しかいないと考えてたんです。

    幾原「ただ、作っている間に凄いショックがあって、(ピングドラムが放送したのは)これ11年なんですけど、三月に東北の震災があったんですよ。
    シナリオとコンテを描いてる時にそれがあって「フィクションに対するいかがわしさ」というか、自分の世代のテーマを映像化できると思ったのにこんな薄っぺらい事だったんだって。
    クリエイティブに関わってる人のすべての人が「一体自分は何をやってるんだ」と、一回は手を止めたと思うんです」

    幾原「それで、ピングドラムはもう一回ちゃぶ台返しがあったんです。
    自分の中ではもっと傲慢で、エッジの効いた格好のいい作品を作ろうと思ってたけど、急激にそういうことじゃなく、もっと家族の話や兄弟の話を作りたいと。
    それで、作品のカラーが変わってしまいましたね」

    幾原「星野さんのキャラクターには凄い救われましたね。本当に良かった。
    あのペンギンのキャラクターがないと乗り切る事ができなかったんじゃないかって言うくらいに」

    幾原「ペンギンが凄い「ブサ可愛い」んです。そこが星野さんのセンスの凄いところ。
    普通ペンギンの帽子を被るヒロイン描いて下さいって言われたら可愛い帽子を描いてくると思うじゃないですか。
    あのデザインを見た時に「この人天才だ!」って。しかも、不細工な帽子かぶらせて、スカートはかせた時に前が空いててパンツ見えてるんですよ!「天才だけどこの人変だ!」と(会場笑)」

    幾原「アニメーターさんとか最近の人は洗練されすぎてて、みなオシャレな絵を描いちゃう。
    何か見た時に「引っかかり」が無いんです。

    星野さんの絵は一度見たら残る絵なんですね」

    幾原監督曰く、「もっとペンギンは数を多くする予定だった」そうで。
    一人にペンギンは一体だけど、始めの設定では一人につき三体つける予定だったとの事だが、星野先生から「描き分け出来ないからやめてくれ」と言われて没になったそう。

    星野「一話はスタジオで見せてもらったんですけど、もう圧倒されてポカーンって感じ。
    凄いエネルギーとか色彩が溢れてて。「凄いですね」っていう一言でまとめていいのかなっていう

    ピングドラムを作ってから幾原監督はパロディーがどうであるとかはふっきれたと言う。
    伝えたいことがあればそれでいいんだ」と思えるようになれた、と。

    幾原「伝えたいことが自分の中で希薄だったのでしょうねえ。最近は「いいんだ!何でもいいんだ!」って思えるようになれました」

    スタッフの意見も聞けるようになれた、と幾原監督。

    幾原「スタッフに女性の方が多いのですけど、僕がしたいと思ったことは大抵却下される。(会場笑
    強く言われたことはいっぱいあって、『兄弟は絶対妹のために死ぬべき』って強く言われて。僕としては「えええ〜!」って。僕の中では「それでも『生きねば!』と思ったのだけど、女の子的には駄目だと。それでも、「そうなのかな」と考えるようになれましたね」


    最後に、幾原監督の主成分とは一体なんですか、の問いに対して。

    庵野「なんですかね〜、うーん…。他の人とは違うこだわりがありますよね。
    ピングドラムの企画書をキングレコードの大月さんから見せてもらった時、僕は一言「当たらない」って言ったんです。面白い作品にはなるだろうけど、円盤が売れるような作品にはならないだろうと。そうしたら大月さんが「うーん、やっぱりねえ…」って。(会場笑)まあ、他と混ざらない仕事をずっとやっていくんだろうなあと思いますよ」

    庵野監督が幾原監督に望むことは。

    「いや、ずっと今のままの君でいてほしいって事ですよ(会場拍手、笑)

    星野先生に幾原監督の主成分は、と聞くと。

    星野「ロマンチックな事を理解できるというか、少女性ってものを本能で理解されてるっていうか。なので、セーラームーンとかウテナとか、女性が見て「いいな」って思えるものが作れる。男性的な少女性の配分がいい方なんだろうなあと思います」

    最後、幾原監督の総括

    幾原「寺山さんを知れた事とか、僕は運が良かった。
    自分の家は母子家庭なんですけど、母が無理をして美大に入れてくれて、そこがなかったらこの仕事に繋がってないと思うんです。アニメの仕事もしようと思わなかったし、庵野さんに知り合う事もなかったろうし、東映を出ようとも思ってなかったと思う。その流れで星野先生ともお会いしてなかっただろうし、全てにおいて運が良かったなあと思いますね。ここまでこれて良かった」

    幾原「僕に後いつまでキャリアが残ってるかわからないけれど、(チラっと庵野監督を見つつ)いつか庵野さんと何か出来たらいいな、とは思ってます。ありがとうございました(「おお〜」という声。会場拍手)


    5回に分けて書きました「マチ★アソビ」のレポ、いかがだったでしょうか。
    後半、上中下に分けて書きました「幾原邦彦の世界」に関しましては、まだまだ書ききれてない色々な事をお話になられていたのですが、これが自分の精一杯です、すいません。

    この御三方が集まって話をされるという事は今後ありえないのではないだろうか、というくらいにプレミア感満載だったトークライブでしたが、幾原邦彦という人間の内面…といいますか、上っ面だけでもなぞって見る事ができたのは凄い貴重だったと言いますか。

    最後、リップサービスの様な所も感じましたが、「いつか庵野監督と何か〜」と幾原監督がお話になられていた所は、この二人がタッグを組んだとしたら、どんな化学反応が起こるのか見てみたいところですね。


    関連リンク)
    マチ★アソビに行って来ました(前編)(2010.10.10)
    マチ★アソビに行って来ました(中編)(2010.10.12)
    マチ★アソビに行って来ました(後編)(2010.10.13)
    「マチ★アソビVol.10」の初日に記念切符の争奪戦に参加して来ました(2013.05.05)


    JUGEMテーマ:地域/ローカル
    | 関西 方麺 | アニメ、漫画 | 23:11 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
    リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
    ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
    個人的オススメ?ネタ記事
    岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
    Powered By 我RSS
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 23:11 | - | - |ブログランキング・にほんブログ村へ
      リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
      ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
      個人的オススメ?ネタ記事
      岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
      Powered By 我RSS
      http://kansai0908.jugem.cc/trackback/756
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>
      + CATEGORIES
      + RECOMMEND
      オヤイデ Fiio ヘッドホンアンプ E6
      オヤイデ Fiio ヘッドホンアンプ E6 (JUGEMレビュー »)

      初めてポタアンを使おうと思われてる方にはうってつけrの商品。形も小さいのが吉。
      + RECOMMEND
      【正規輸入品】 オヤイデ電気 Fiio iPod/iPhone/iPad専用ドック・オーディオケーブル 8cm L3
      【正規輸入品】 オヤイデ電気 Fiio iPod/iPhone/iPad専用ドック・オーディオケーブル 8cm L3 (JUGEMレビュー »)

      iPod(iPhone含む)を音の色付けなくポタアンに送るならDockケーブルを。
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      • ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ
        ん (10/28)
      • ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ
        あ (01/13)
      • ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ
        ぴっぷー (12/12)
      • 人には言えない?自分だけの密かな楽しみ
        ice (07/30)
      • 岡山メイドカフェ戦争 (岡山メイドカフェまとめ)
        * (05/06)
      • Fallout3の規制は一体誰の、何に対してのものなのか
        774 (05/03)
      • 明けましておめでとうございます
        関西 (01/28)
      • 明けましておめでとうございます
        領 (01/04)
      • もし、越中詩郎がエヴァに乗ったら
        村石太マン (07/29)
      • プロレスラー・安田忠夫さん自殺図る(Yahooニュース)
        村石太マン (08/25)
      + RECENT TRACKBACK
      + PR
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE