関西的日常

駄文エヴァFF書きの日常
Powered By 画RSS
「出雲路センチュリーライド」は波乱でいっぱい(後編)
0

     

    スタート前のロードバイクの平置きの集団。お値段は一体いくらになるのやら。

     

    島根県松江市で9/18日に行われた160kmを制限時間内で走りきるロングライド(ファンライド)の大会、「出雲路センチュリーライド」参加のレポ、後編です。

    17日に無事島根県に到着、出雲大社でお参りのち事前受付とDECOJAでサイクルグローブを1000円でゲットして、9時半には就寝した…というまでが前編の話。

     

     

    翌朝2時半起床。

    100kmを超えるロングライドになると、身体のエネルギーを補うために炭水化物の摂取が必要不可欠なんだけど、起きてすぐにモリモリ食うのは身体が受け付けにくいので、最低でも車でスタート地点に出発する二時間前には起きよう、と思ってたのでこの時間に。

     

    で、この時点では雨は止んでいた。

    雨雲レーダーを見ると、午後位からまた雨は降りだすみたいなのだけど、レーダーを見る限り島根県にかする位?っぽいので、まあいけるだろうと踏んでいたんです。

    まあ、その判断が甘かったわけだけど。

     

    Y君を3時半にたたき起こし、調子を整えさせ、大会会場の駐車場が5時半に開くとの事で、少しでもスタート地点(松江イングリッシュガーデン)に近い場所に駐車したいと思って会場近くまで来ると。

     

     

    皆、考えることは同じで、会場の駐車場が開くのを今か今かと待っていた状態。

    今回の大会は723名の申し込みで、当日大会の参加者は550名弱だったらしいのですけど、半分が島根県からの参加者と考えて残り参加者が200名弱、3人一組で車で来たとしても70台…。いや、もっと停まってたぞ。

     

     

    会場入りしたのが6時前で、この時もまだ雨は降ってなかった。

    他の参加者の方々も続々と駐車場に入ってはテキパキとロードバイクを組み立ててる中、ふとY君を見ると。

     

     

    お前どんだけ補給食持ってきてんねん。

    「いや〜、やっぱり必要じゃん」と、Y君の弁だったのだけど、まあ気持ちは分かる。

    ってか、正直自分もその数に勝るとも劣らないくらいの数の補給食は持ってきてたよ。

     

    などと、Y君とやり取りしつつこちらもスタートするためにロードをキャリアから降ろして組み立てしつつ、他の方々のロードバイクを見てたのですが、やっぱり多いのはGIANTなんだけど意外や意外、キャノンデールのロードバイクを殆ど見ることがなかった。

    ピナレロ、KUOTA、KOGA、KONA、GIOS、ヨネックス…と、ピナレロやKUOTAはまだしもKONAはMTBで有名なメーカー。

    地域がらなのかなあ…と思ったりもしたのだが。

     

    どうしよう、コラテックのロードバイクを一台もみない。

    毎度のことでアレなのだけど、あれか、コラテック乗りはファンライドに来るなってか。

     

     

    と、お決まりの?文言を載せたところで。

    走行時の注意事項等の簡単な?ブリーフィングを済ませ、7時半にいよいよスタート。

    長い一日の始まり。

     

     

    この出雲路センチュリーライド、21km地点の第一エイドステーションまでは細かい?アップダウンの繰り返しで地味に心肺と脚を削られる事に加えて、出発して1時間も経たないうちに止んでいた雨が再び降り始めて、しかも降ったり止んだりの繰り返し。

    始めのうちは自分もそうなのですが、他の参加者の方々も元気なものですからどんどんどんどん坂を登っていくのですが、それにつられて登っていくとあっという間に心拍がえらい数値を叩き出す寸法。

     

    ある程度集団について行ってたのですが、「まあ、自分のペースで登っていくか…」と思いつつ、ふと後ろを振り向くとY君の姿は無く。

    坂が超苦手なY君、早々とペースについていけずに脱落?した模様で、目を凝らすと既にロードから降りて手押しで歩いていたのが見えて。

     

    序盤戦から待っていてもきりがないので、とりあえず自分のペースで走りつつ、第一エイドステーションで待とうと決意。

     

     

    1時間半くらい走って、第一エイドステーション「割烹温泉ゆらり」に到着。

    後になって聞いたのだけど、この第一エイドの時点で落車が一人、それとは別途に棄権者が一人出たとか。

    まあ、雨が降っていたという事もあるけど、それくらい序盤の坂がきつかったという証

     

    第一エイドステーションではコーラ、ポカリ、水と竹輪や塩飴等々が貰えました。

     

    出雲路センチュリーライドのエイドステーションはチェックポイントも兼ねていて、スタンプと自分のゼッケン番号の欄の紙に名前を書くことが義務付けられていた。

    そうすることによって、「きちんと来てますよ、通過してますよ」という事になるんです。

    だけど、書こうと思ったら、雨水の付いた手で皆んな紙にサインをするものだから紙が破けて書けやしねえ。

     

    なんとか紙に名前を書いて、Y君を待つ事15分。

    やって来たY君は既に満身創痍、顔は青ざめた状態で、「おいおい、今からこんなでどうする」といった感じ。

    ただ、ここから第二エイドまでは基本平坦区域なので、「ある程度は脚が回復できるよ」と適当にY君をだまくらかして彼がしばしの休憩をとった後に再び出発。

     

     

    途中、トレインに乗っからせてもらったのだけど、このジャージの人たちが速い速い。

    降ったり止んだりだったのだけど、雨や風をものともせずに、35km前後の速さで走り続ける。

    本当、その節はありがとうございました。感謝。

     

     

    …と、トレインに乗っかりながら後ろを振り向くとY君の姿は無く。

    集団のペースにある程度は付いて行けてたのでしょうが、脚を回復するどころの話ではなかったみたいで千切れたっぽい。

    折角スピードに乗った状態を崩すのは勿体ないので、Y君を見捨てて第二エイドで待つためにそのままトレインでエイドステーションまで猫まっしぐら。

     

     

    47km地点、第二エイドステーション「加茂ラメール」。

     

     

    コンテナの中にスタンプと自分の名前を書く欄の紙の一覧表があったのだけど、第一エイド以上に雨水で紙がむっちゃくちゃなのと、油性ペンが紙をひっかいて破けて書けねえ!!

     

    ここでのエイド食は古代米をモチ状にして団子にした豚汁と、ポカリと水。

    水に関してはボトルに移し替えても良いっぽいので、皆、我先にと移し替えてた。

     

    この大会の面白い所は、サポートバイクだと思うのだけど、2ケツで乗ってる後ろ側の女性がフリップボードで応援の文字を書いて参加者に見せつつ走るんです。
    これは今までにない応援の仕方だったね。

    で、豚汁をもむもむ食ってると、遅れる事7〜8分くらいでY君到着。

    なんでも「後ろについて走ってたのだけど、何かにとりつかれたかのようにお前がアタックしかけるから「これに付いて行ったら死ぬ」と思ってやめた」との事。

     

    「この後どうしようか?」と聞くと「ペースに合わせられないから先に行っていいよ」との事。

    分かった、ゴール地点で会おう、と約束をして第二エイドを飛び出したのですが…。

     

    第二エイドを過ぎて、自分の脚力で午前11時を過ぎて山岳地帯?に入ったくらいだろうか。

     

    いきなりの豪雨発生。

     

    ゲリラ豪雨ってここ4〜5年の間によく降るようになったじゃないですか。

    バケツひっくり返したか、ってな位の雨が降るやつ。

     

    あの降り方の2倍くらいの雨の量が延々降ってきたらどうする?

     

    山岳地帯だから当然急斜が続くんですけど、それだけの雨の量なもんで、泥や石を含んだ雨水が、坂の上から延々と流れてくるんですよ。

    言ってみればちょっとした滝ですよ、滝。

    周りに参加者がいたにも関わらず「うわあああ、なんだこれえええ!」って叫びながら走ってましたもん。

    後で分かったのですけど、この時松江市と出雲市にかけて1時間で40mmを超える雨の量だったらしく、そうなると行く先々でパンクが続出で、立ち往生してる人を何人見かけたか。

     

    助けてあげたい、パンク直してあげたい気持ちはあったんですよ。

    ほら「旅は道ずれ」とか言うじゃないですか。

     

    だけど、もうね…。この時は「動きとめたら寒さで死ぬ」って思いましたよマジで。

    坂を登るってことは下りもあるって事で、ひーこら言いながら筋肉と心肺駆使して登ってるうちはいいんです。

    下りになると脚を止めるでしょ、そうしたら途端に身体が冷えてきて、ただでさえ豪雨で下りの際のブレーキが効かなくて手の握力が弱くなってる時なもんですから、下手したら落車の可能性もあるんです。

    「ああ、冬に八甲田山を登る気持ちってこんなのだったのかなあ」って、頭をよぎりましたよ。

     

     

    山岳地帯の中の休憩所「塩田給水所」。

    この地点に付いた時も雨の勢いは増すばかりで、言ってみればシャワー浴びてる位、身体の表面を雨水がだばだば伝って流れていく状態。

    回りの参加者の方々も、「こりゃ厳しいなあ」みたいな事を口々に言ってる状態。

    まあ、この状態で言わない方がどうかしてる。

     

     

    ここは給水所と銘打ってるだけあって、特にスタンプ等のチェックは無し。

    脚のつりを抑制するためのアルカリを含んでいるであろう、梅干しやら茄子のワサビ漬け、そしてほうじ茶?があったのですけど、このほうじ茶の温度が暖かくて、飲んだ瞬間「なんで俺、こんな豪雨の中走ってるんだろ…」と、ゲシュタルト崩壊してちょっとだけ涙が出た。

     

    この給水所を過ぎて、多少上りはあったものの、下りと平坦地帯に突入。

    相変わらず全くもって雨は止む気配がない中、「ここで心が折れたら走れるものも走れなくなる!」と、事前に用意してあったゼゲル状の補給食を口にして延々とペダルを回す回す。

     

     

    89km地点、第三エイドステーション「サテライト山陰」に13時前に到着。

    足切りが13:30だったので安心したのと、「やっと半分まで来たなあ、まだ脚は残ってるし行ける!」と思いつつスタンプを貰いに行くと妙に騒がしい。

     

    「すいません、警報が出ましたので大会が中止になりました」

     

    参加者の安全を考え、大会事務局の方で協議した結果、中止という判断になったそうで…。

    まあ、仕方ないと言えば仕方ないですし納得できる判断だったと、このブログを書いてる今も思います。

    他の参加者の方々も「ふざけんな!!」と係員に詰め寄る人はいなかった。皆「あ〜、そうなの!」みたいな。

    まさか途中で中止になるとは思ってなかったけど、自分も含め参加者は皆、ある意味落としどころを考えていたんじゃないかと思う。

     

    ってか、行けたけどね。

    いや、この大会の為にアップかましてやって来てた訳で、ここで中止にならずに続行されてtも160kmふっつーに走り切る自信はありましたよ。いや、本当にマジマジ。

    だけど、大会の方が「勘弁してくれ」って言うんですもん、そりゃ諦めるしかないわー。ないわー。

    いやー、残念!ほんっとーにざんねんだわーー。

     

    で、話のオチとしては。

    出発前のブリーフィングにて大会事務局の中の人が言っていた事がありまして。

     

    「エイドステーションにて棄権された方に関しては回収車を出しますが、第三エイドで棄権される方に関しては、基本自走で帰ってもらう形となります。スタート地点まで15km程ですので

     

    この時ばかりは、過去何度も営業で車を使って走ってて良かったと思った。

    係員に聞いたら「9号線をとにかくまっすぐ走ればイングリッシュガーデンに着きます。他の参加者の方も走ってますから」の一点張りで、おいおい一直線に進んでもスタート地点には戻れんっつーの。

     

    後、心配したのはY君の事。

    「先に行ってていい」と言われて、先行してたものの本当に第三エイドまで来れるのか、来たとしても自分以上に方向音痴なY君、スタート地点まで戻ってこれんのか等々。

    …ってか、何が悲しくて彼女でもあるまいし、男の心配をせにゃいかんのだ。

     

    とか思っていたらY君から連絡が入り、無事にスタート地点で合流。

    「雨凄かったよなー、どうだった?」と聞くと。

     

    「落車した」

     

    「えっ」

     

    …………………………………………。

    なんでも第二エイドを過ぎてすぐにグレーチング(下水道の溝の上に置いてある鉄製の格子状の蓋)で思いっきり滑って、左の肘を打ち付けつつ擦りむいたとの事。

    アームカバーをしていたので、軽症で済んだみたいなのだけど、うーむどこまでもアレな奴だ。

     

     

    スタート地点まで戻って最後のチェック並びに名前書き。

    毎年、チェックせずに帰路に就く参加者がいるみたいで、事務局の中の人泣かせらしい。

     

    …と、結局走破出来ずに終わってしまったこの大会。

    感想としては「こんな天気で走ることは、まあ一生のうち何度もないだろうなあ」でしょうか。

    天気が本当に最悪だったのですが、もし天気が良かったらどんなに眺めが良かったか。

    来年…は分からないけど、いつか参加しなおしたいなとは思いましたね。

     

    さて、この次の大会は去年初めての大会を行った「瀬戸内市福祉センチュリーライド」。

    この大会もY君と参加してまいります。

     

     

     

    JUGEMテーマ:ロードバイク総合

    | 関西 方麺 | ロングライド「出雲路センチュリーライド」 | 23:54 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
    リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
    ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
    個人的オススメ?ネタ記事
    岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
    Powered By 我RSS
    「出雲路センチュリーライド」は波乱でいっぱい(前編)
    0
       

       

      9/18日に島根県松江市で行われた「出雲路センチュリーライド」に参加してまいりました。

      しじみで有名な宍道湖を中心に、平坦ありヒルクライムありの160kmを走破するロングライド(ファンライド)の大会なのです。

      が、丁度大会の日は秋雨前線が思いっきり西日本を中心に張り出してる状態に加えて、台風16号がどんどんと迫っていている状態で。

       

      雨雲レーダーや週間天気用法を見ると17日の夕方から18日にかけて「雨」マークが付いていたのですが、一万円とは言わないまでもそこそこ高い参加費を払っているので、参加しないのは勿体ない。世界の共通語「モッタイナイ」ってな訳で、同時に申し込んでいる「ものぐさが服着て歩いてるでお馴染の友人Y君と一緒に島根県に向かったのですが…。

       

      前日の17日の午後4時から会場で事前受付があるとの事で、その時間に間に合わせるために車を走らせていたのですが、ただ走るだけじゃ面白くないので、縁結びで有名な出雲大社に参拝後、名物の「割子蕎麦(出雲蕎麦)」を食べ食べ。

       

      出雲大社にほど近い蕎麦屋「一福」にて。 元々この店は「いなさ」と言う名前の店だったが、今の屋号に。

       

      16時半位に会場に到着。

      ゼッケンを貰って辺りを見渡すと、和歌山県に本拠地を置く「DECOJA」が露店を出しいるのを発見。

      つーか、受付所の真横で出店してるから嫌でも目につく。

       

      ゼッケンはシール状になっていて、ヘルメットの右横に装着しないといけなかった。

      一番始めの写真のヘルメットに貼ってあるやつね。

       

       

       

      こういう時は色々掘り出し物があったりするのですが、「何か買わないと損」みたいな感覚にとらわれてしまって、結果1000円でサイクルグローブを購入。

      何か使うこともあるだろうし、家にある古いグローブと交換する事にしよう。

       

      18時過ぎにビジネスホテル到着。

      この時点でそこそこ雨が降ってたので、Y君とそこそこに食事をして翌朝3時半には起きて4時半には出発しようとの事で、21時半に就寝。

       

      …と、そこそこ長くなりそうなので続きは後篇に。

      まさか、あんなファンライドのイベントになろうとは。

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:ロードバイク総合

       

      | 関西 方麺 | ロングライド「出雲路センチュリーライド」 | 09:50 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
      リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
      ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
      個人的オススメ?ネタ記事
      岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
      Powered By 我RSS
      spdのシューズを新調したのは良いけども
      0

         

         

        「出雲路センチュリーライド」に合わせて、ロードバイクのシューズを新調する事にしました。

        今現在、わが愛車コラテックドロミテのペダルはspdペダルなのですが、spd対応のシューズと言うのは元来MTB用の物が多く、しかも、形がやぼったいものが多いのです。

         

        現在使用しているシューズはシマノ「SH-UT70」。

        甲が高い極めて日本人な自分の足にもよく合うシューズなのですけど、正直デザイン性が皆無と言いましょうか…。

        何より腹が立つのがシューズを履く際にベロクロで締め付けるのはまだしも、紐を締め付ける、もしくは脱ぐ際に紐を緩めるという作業が面倒くさいことこの上なし。

         

         

        かといって、上の写真のシューズのようなダイヤル式(BOAシステム)の物を買おうとなると、各社ほぼハイエンドのシューズになるんです。価格にして2万円後半から3万円後半くらいの。

         

        仕事用で履いている革靴ですらそんな高いものを履いてないのに、趣味だからと言って高いものを買うのもなあ…と思ってたら。

        毎度おなじみ?のamazonで中国のメーカーなのでしょうが、上の写真のspdシューズがBOAシステム搭載の物にしては格安で出ているのを発見。

        レビューを見ると「甲が高い人でも合う」と書いているので、それならばと思ってたのです。

         

        が、一つだけ懸念事項が。

        該当のページの注意書きを読んでみると、インチ数とcm数を書いたモノがあるのですが、どーもその数値がおかしい。

        …ような気がする。

         

        その数値がこちらなのですが。

        40(25.2cm)41(25.5cm)42(26.2cm)43(26.5cm)44(27.0cm)45(27.5cm) 46(28cm)

         

        通常、こういうシューズって海外の物を買うと44とか45で28.5~29cmくらいなんですよ。

        ただ、メーカーによって多少cmは変わるので、まあこんなものなのかなあと思ってたんです。

         

        自分の足のサイズは27.3cmで、甲が高いので27.5cmでも怖い。

        なら、これでいうところの46(28cm)かなあと思って、とりあえず注文。

         

        で。

         

        約2週間で商品が到着。

        「おお、来た来た」と、受け取りして袋を破り、箱を開けて現物を確認。

        早速履いてみると、おお!普通に履けるしBOAシステムもスムーズに動く。

         

        …が、妙に足先がスカスカする感触。

        まあ、小さくて困るよりかは多少大きい方がなあ…と思いつつ何気なく箱を見ると。

         

         

         

        ……なんだこれ!!!

        全然商品ページのサイズガイドと違うじゃん!!

        46って29.5cmじゃん!!そりゃ2.2mmも違えばハマるっつーの!!

         

        人柱のつもりで買ったは良いけど、まさかこんなオチになるとは…。

        仕方ないので、応急処置でインソールを二重にして履いてみたらどうにか?足先も落ち着いたので、とりあえずこれでセンチュリーライドに特攻しようかと思ったのですが、16日現在一度もこのシューズを使って走った事がなく。

        下手に卸したてのシューズで走って、足を痛めてもアレなんで、結局はシマノのspdを使うことにする。

         

        うん、意味ない。

         

         

         

        JUGEMテーマ:ロードバイク総合

        | 関西 方麺 | SIDEBIKE 「spdシューズ」 | 22:47 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
        リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
        ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
        個人的オススメ?ネタ記事
        岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
        Powered By 我RSS
        出雲路センチュリーライドに出る事にしたので
        0

          当初は8月下旬に届く予定だった参加申込書。9/9日にやっと来てひと?安心。

           

          久しぶり?の自転車の話題をば。

          2016年9月18日に島根県松江市をスタートとする、総距離160kmを走り切るロングライドの大会「出雲路センチュリーライド」に参加することにしました。

          思えば、今年は3月に高知で行われたファンライドの大会「四万十・足摺無限大チャレンジライド」に参加して以来の、久々のロングライドの大会なのです。

           

          高知の大会は総距離158kmでしたが、今回の大会の総距離は160km。

          松江市中心部から出雲市、雲南市、境港市をぐるりと一周するコースで後半にはヒルクライムっぽいコースも存在する中々に骨のある道のり。

          自転車をやらない人からしたら「なんでそんなに走るの?」となりそうなもんなのですが、ちょ〜っとロードバイクをかじったら半年もすると100kmくらいは走れるようになるもんなのです。

           

          え、じゃあ残りの60kmはどうするんだって?

          んっとねえ、結局は根性と折れない心。

           

          さて、今回参加するのはこの私と、ロングライドの大会では毎度一緒に参加している「ものぐさが服着て歩いている男」でお馴染みのキャノンデールCAAD12使いのY君。

          以前からこのブログでの自転車の話題を呼んで下さってる人はお分かり頂いてるとは思うのですが、ま〜〜〜このY君は本当に意外性に富んだ男でして、何度「処す?処す?」と思った事か分からないくらい。

           

          彼の意外性並びに「処す?」と感じた一番の大会のレポはここらあたりを読んでもらうとして、今回は彼と差をつけるためにマイロードバイクにニューアイテムでも装備して大会に臨もうか、と考えていたのですが…。

           

          ただ、小豆島の大会の時のY君のように新しいロードバイクを買うというのも、彼の二番煎じになってしまうし、面白みがない。

          しかも、病弱ではなかなかに自信のある自分よりも、こういう時に限って病弱になる彼をサポートしてやらないといけないのが大変なわけでして、そういう意味ではいまさら言っても仕方ないのでしょうなあ。

           

          追記)

          そして、こういう時に限ってやってくる大型台風16号。

          当初よりも遅いペースで日本に迫ってるので、なんとかセンチュリーライドの開催される日曜日には島根にはぶつからないと思うのですけどねえ。

          雨の降りしきる中で走るのは、もう御免やで。

           

           

           

          JUGEMテーマ:ロードバイク総合

          | 関西 方麺 | ロングライド「出雲路センチュリーライド」 | 22:34 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
          リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
          ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
          個人的オススメ?ネタ記事
          岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
          Powered By 我RSS
          約束を無かった事にするのは大人の対応ではない
          0

             

            10億円は拠出されたが…韓国で渦巻く慰安婦合意「無効」の主張 元慰安婦女性は「像撤去は受け入れない」(msn、産経新聞)

             

            >>予定されていた式典でのこうした発言は予期されたものだった。しかし、韓国の政界でも日韓合意に反した慰安婦問題の蒸し返しが起きている。左派系野党、正義党の議員が8月30日、韓国政府に対し、日本政府からの10億円の拠出金の受け取り拒否と、日本大使館前の慰安婦像を撤去しないよう求める決議案を連名で国会に提出したのだ。(以下略。続きはリンク先にて)

             

            うーん、「日本国の外交のあり方として」本当にこの先も付き合うべきか付き合わないべきか、考えないといけないんじゃないのかなあ。

            先に結んだ「日韓合意」をいとも簡単に「無効だ」と政党の議員が言ってしまうような国とまともに付き合えるかって話で、つい砂金の通貨交換協定(スワップ)の舌の根が乾いてないこの時に。

            スワップに関しても、一時は韓国側から「日本の助けなんぞ要らん!」と息巻いてたくせして、ちーっと景気悪くなったら「やっぱりウソウソ」とばかりに再び協定を提案してきたんです。

             

            本当、面倒くさい国ですよ。

            「情けは人の為ならず」とか言いますけど、「国が音頭取って反日を国民に教え込んでる」この国に対してスワップしかり、協定や合意を結ぶ必要性があるのかって話で、朴槿恵大統領がもしこの先退陣するような事があれば確実に反故されるでしょうねえ。

            まあ、今この時点でこんな話が出てるのですから、安倍総理大臣の思惑?は読みが外れてるのでしょうが。

             

            そうして、日本から金をとれるだけ取る。

            自分があっちの立場なら間違いなくしますよ。「従軍慰安婦」は自国民を鼓舞させる、あるいは日本に対しての最高の外交カードなんですから。

            それ以前に韓国は今不景気で(不景気だからスワップの話が出るわけだが)そのやり玉が政府に来させないための目くらましとはなしもあるけど。

            まあ、先のベトナム戦争でのライダイハンなんかどこ吹く風、そんな事は知った事じゃないって話ですよ。

             

            この先日本の外交カードとして、「スワップ協定の白紙化」くらいしないものかね。

            表立ってそのよう話はしないまでも、水面下での外交の圧力をかけるであるとか、いくらでもやりようはあるだろうに。

             

             

             

            JUGEMテーマ:ニュース

            | 関西 方麺 | 一般 | 22:56 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
            リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
            ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
            個人的オススメ?ネタ記事
            岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
            Powered By 我RSS
            まさかケニーさんがが取るとはなあ
            0

               

              今更ながらな話ですし、旬は過ぎてるのですがちょっとだけ。

              今年の新日本プロレス夏の祭典「G1 CLIMAX26」にて、初出場の外国人選手であるケニーオメガ選手が後藤洋央紀選手より3カウントを奪取。

              外国人選手が初めてG1をの頂点に立ちました。

               

              ケニー選手が日本を主戦場としてかれこれ7〜8年くらいでしょうか。(間違えてたらゴメン)

              DDT(ドラマチックドリームチーム)を主に、ヨシヒコとかディーノさんと戦ってた時と比べると「すげえなあ、ジャパニーズドリームだなあ」と言うイメージしかないわけです。

               

               

              新日本を主戦場としてからは、AJスタイルズを抜けた穴を埋めるべくバレットクラブに加入。

              あんだけお茶目?なキャラで、達者だった日本語もあえて封印。

              今年のG1の優勝時に「おれはヒールだからさ」と自虐的なスピーチをしていましたが、海外のメディアで彼が話している内容はというと「2年間の間に何度もNXT(WWE)からの引き合いがあったが、新日に残った」とありますから、ケニーなりの葛藤があっての事なんでしょう。

               

              ……………………………………。

              いや〜、でもなあ。まさかケニーが優勝するとはなあ。

              決勝が後藤vsケニーって、誰が予想したかよって話でさ。

              繰り上がりで後藤が優勝決定戦に残って相手がケニーだと分かった時に真っ先に考えたのが、CHAOSに加入しても正直鳴かず飛ばずの後藤を格上げするためのこれなのか、と。

              相手がケニーってのもなあ…、確かに受けのリアクションはいいしヨシタツとキャプテン何をしに出たんだよでお馴染みのエルガンのラダーマッチとか、今回のG1の内藤vsケニーの名勝負しかり、そうかなあ…とか考えてたら。

               

              長らくプロレス見続けてますし、あの世界で起こる事が全てだとは思ってないけど、試合後のケニーのスピーチは卑怯だよ。マジで。

              「優勝したら何かしら観客に向けて日本語でのアプローチはあるだろ」とか考えてたら、前述の「ヒールだからさ」から始まって、

               

              「ケニーオメガを応援してくれないと、俺は(お前らの事を)嫌いになる

              「嫌いにしても何にしても日本は俺のホーム、新日本は俺のホーム。だから、そっち(WWE)行かない

               

              確かに、プリンスデヴィット、AJスタイルズ(カールアンダーソン、ドクギャローズ含む)が抜けてからのバレットクラブは精彩に欠くというか、内藤率いるロスインゴの印象がでかすぎて、昨日までバレットクラブを応援してた奴らが今日はロスインゴを応援する事実。

              ケニーにしてみれば「せっかく自分のやりたい事が出来る環境が整ったのに」と、面白くない事この上ないと思う。

               

              だからこそ、自分は今日も明日も明後日もバレットクラブが現れるとブーイングを飛ばそうと思う。

              それが、彼らに対する礼儀だから。

              次のシリーズからケニーオメガが率いるバレットクラブが現れたら、CHAOSの面々に対する様に声援を送るのが正しい事なのか。違うだろ。

               

              そしていつの日か…、近い未来?試合後のインタビューで彼が「ノーコメント」と言った「彼」と戦う日が来た時には、思いきりケニーに声援を送りたいと思う。

               

              …ってか、ケニーさん応援欲しいのか。正直バレットだからと言って英語で話す必要性ないと思うのよね。「日本語話す」外国人ヒールでいいじゃん。ケニーさんも分かってるとは思うけど、絶対その方が人気出るわ。

               

               

              さて、今回のG1 CLIMAX、自分の中の名勝負を挙げるとしたら。

               

              ・オカダカズチカ vs 丸藤正道

              前回書いた大阪大会の時も…でしたけど、全盛期を過ぎてるにしてもなお新日本を席巻する丸藤選手の凄さを見た。

              に、しても丸藤選手も丸くなったもんだ。一昔前だったらオカダの事「IWGPチャンピオンといえどもこんなものか」的な事をぼろくそに言ってると思う。

               

              ・YOSHI-HASHI vs ケニーオメガ

              「ひょっとして勝つんじゃね?…うわ、勝ったよ!」的な盛り上がりの意味では大きい試合。

              YOSHI-HASHI選手って、こう言ったら何ですが「見ててハラハラする選手」なんです。

              そりゃ一頃に比べて、「頑張ろう」と気合いは見て取れるのですけど、それだけみたいな。

              スワントンボㇺの滞空時間は短いし、かちあげ式のラリアットだって格好悪いったらありゃしない。

              この試合に関しては「なんだかんだ言ってもケニー勝つんでしょ」から、YOSHI-HASHI選手が中邑選手のムーブでの新技!のインパクトの大きさが際立ってる。

              ってか、ケニーさん一夜明けてのIWGPの挑戦権利書の防衛相手表明ににYOSHI-HASHI選手を指名するとは「そこ?!」みたいな。

              流石ケニーさんやでえ…。もう一波乱あるでえ…。

               

              ・棚橋弘至 vs 真壁刀義

              名勝負っていうか…、試合はそれなりに良かったのですけど、試合後の真壁選手のインタビューというか漫談が凄く面白かったイメージ。

              真壁選手、町田の奥様方が紹介してくれた女性とは何もなかったのだろうなあ、うん。

               

              ・内藤哲也 vs ケニーオメガ

              この試合は外せないだろうと。

              試合の内容もさることながら、ケニー選手がバレットクラブに加入してから初めてクロイツ・ラスの封印を解いたという印象的な試合。

              出来ればまた波動拳出して欲しいけどなあ。言ってみりゃ今の状態は、「殺意の波動に目覚めてる」わけだしさ。

               

              この他、永田選手と中嶋選手の試合はとかは凄く面白かったけどなあ。

              28歳(だっけ?)にして、キャリアが15年近い中嶋選手の顔の精悍さというか、デビュー戦を新日でやってにも関わらず様々な大人の事情…と言ってよいのか、そこから羽陽曲折あっての今回のG1出場は彼にとって特別な想いがあったのではないかと思う。

               

              あ、それと最終日に行われたある意味な団体対抗戦は、試合が終わった後のもみくちゃの際にリング上で永田選手が「やれやれー」みたいな感じで拍手してたところがクライマックス。

              にわかは柴田選手がヘッドバッドして額が割れたところを推すだろうけど。

               

               

                

               

              JUGEMテーマ:プロレス

              | 関西 方麺 | プロレス | 19:16 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
              リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
              ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
              個人的オススメ?ネタ記事
              岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
              Powered By 我RSS
              8月6日、写真で見るG1CLIMAX26(大阪エディオンアリーナ)
              0

                 

                真夏の最強戦士を決める、新日本プロレス「G1 CLIMAX」の8/6日大阪府立体育館(エディオンアリーナ)の大会を観てきました。

                実のところ、行く予定になかったのですが、今年は毎年行われている9/23日の岡山での大会が集客が悪かったのか、はたまた別の事情なのかアナウンスされてなく。

                まあ、それなら去年も訪れたし今年も…と大阪まで遠征してきたわけなのです。

                 

                 

                今年の大阪で見逃せない選手の一人が内藤哲也選手だったと思う。

                去年の大阪大会の時の会場割れんばかりのブーイング、ヤジからすると今回の大阪大会は全くもって違ってて。

                多少…のブーイングらしきものはありましたけど大半の観客が「内藤!内藤!!」の大合唱。

                ま〜なんと手のひら返しが好きな奴らだと。

                 

                 

                個人的に大収穫だったのは「タマトンガ vs SANADA」。

                観客の誰もが塩試合、いわゆる「まあまあ、結局はSANADAが勝つんでしょ。タマちゃんすぐに寝ちゃう(ダウンする)んだろうし」とか思ってたら、ま〜この試合がまれにみる好試合。

                タマちゃん、新日本に来てかれこれ3〜4年は経つと思うのだけど、多分、新日来てからの一番のベストバウトなんじゃない?

                受けたSANADA選手も良かったのだろうけど、毎回これくらいのファイトを魅せてほしい。

                タマちゃんはもっと上に喰らいつけるだけの素養はあると思う。

                 

                 

                「天山広吉 vs 後藤洋央紀」に関しては、終わってみれば後藤選手が勝ち星を奪ったのですが、正直「浪花節」の意味では天山選手を応援したい気持ちが強くなるのだけど、いくら去年に比べて今年はコンディションが良いと言われても、申し訳ないが彼はG1に出るだけの力が残ってないと思う。

                今回、小島選手が天山選手に出場権を渡して、天山選手がG1に出場することになったのだけど、てるこっちからするとあまりに雑すぎて「はあ?」なんですよ。渡すなら渡すで、何か納得できる筋を通してくれないと。

                 

                後藤選手がピンフォールを奪った瞬間、呆然とした天山選手の顔が印象的だった

                 

                例えば、天山の側から「コジ!それなら一度この出場権をかけて俺と戦ってくれ!勝ったら俺は晴れてG1に出場する!」くらいの話の進展が欲しかった。。

                で、戦って天山選手が負けてもいいんです。

                小島選手から「天山、試合は俺が勝ったけど、その気合をG1で見せてくれ!俺は天山をサポートする!」とかのアピールをしてくれれば見てるこちら側も感情移入できたのに。

                 

                 

                「オカダ・カズチカ vs 石井智弘」に関しては、観客の沸き具合はこの試合がピーク。

                自分の予想としては、大技に次ぐ大技で、逆に試合が大味になってしまうんじゃないかと思ってたのですけど、当の試合はそんなレヴェルの範囲じゃなくて。

                いつもファイトスタイルを前面に出す石井選手ですけど、この試合に関しては「気構え」が違ってた。

                 

                 

                途中、オカダ選手が盛り返しを魅せるシーンはいくつもあったのですけど、終わってみれば終始石井選手のペースだったと言いましょうか。

                同じCHAOS同士という事もあるとは思うのですけど、それでも「オカダを喰ってやろう」という石井選手の考えは、開始5分前後からのラリアットからも分かる。

                あの時点でオカダ選手は終始後手後手だった。

                 

                 

                メインイベント、「棚橋弘至 vs 丸藤正道」戦。

                終わってみれば棚橋選手のハイフライフローで試合を締めくくったのですが、試合展開は誰の目から見ても終始丸藤選手のペース、試合展開を握ってた。

                 

                丸藤選手の逆水平は通常のプロレス選手が放つそれとは全く異質なもの

                 

                自分の知っている丸藤選手はそんなに逆水平を多用する選手ではなかったのだけど、今、丸藤選手のイメージは?と聞くと「逆水平チョップ」を試合の要として使用する選手、という事になるのだろうか。

                指先までしならせて打つ丸藤選手のチョップは、言ってみれば「鞭打(べんだ)」。

                プロレスの技というより、どちらかというと中国武術のそれっぽい。

                 

                に、しても丸藤選手の強いこと強いこと。

                彼の全盛期は今から5〜6年前、新日本のJrに乗り込んでプリンス・デヴィット(現WWE)を始め「俺はギブアップなんてしてない!」でJCBホールを大ブーイングで包ませた現タイガーマスク(4虎さん)等々、新日本勢をメッタメタにしてた頃が最高潮だと思ってやまない。

                はその全盛期は過ぎているにしても、あれだけの強さを魅せると言うのは凄すぎる。

                 

                本当にこの大阪大会は行くだけの価値があった大会だと、終わって新幹線でぐったりしつつも改めて思い直した一日だった。

                 

                 

                …で、このブログの記事を書いた時点でAブロック進出は繰り上がりで後藤洋央紀選手、Bブロックは内藤哲也選手との激闘の末、ケニーオメガ選手となりましたが、誰がこんな決勝戦を予想したかね。いや、してない。(反語)

                 

                個人的にはケニーにG1を取って欲しいのだが。

                もう後藤革命は起こらないだろうし。

                 

                 

                 

                JUGEMテーマ:プロレス

                | 関西 方麺 | プロレス | 00:44 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
                リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
                ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
                個人的オススメ?ネタ記事
                岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
                Powered By 我RSS
                ミッドナイトエンデューロを「応援」してきました。
                0

                   

                   

                  久方ぶり?にロードバイクの大会関連の話でも。

                  実は私こと関西はロードバイクのチームに入っております。

                  まあ、チームとはいっても実業団とかの大それたものではなく、言ってみれば草チーム。

                  気の合う者同士が集まって毎週走ってるのですが、一応チームジャージなんぞも作って気合い入れてるのです。

                   

                  で、岡山国際サーキット(旧、Tiサーキット英田)で毎年ロードバイクのイベント「ミッドナイトエンデューロ」というものが行われておりまして、今年は7/23日の夜から7/24日の朝方にかけて行われるのでそれに皆で参加してみようと。

                  エンデューロとは言ってみれば耐久レース、今回の大会は、チームを組んで夜の8時から「4時間の耐久レース」と「10時間の耐久レース」の二種類。(自分たちのチームは4時間耐久に参加)

                  ちなみに岡山国際サーキットは、1994年には「パシフィックGP」で、かのアイルトン・セナもF1でコースを走ったこともあるという由緒正しいサーキット場。

                  正直。地元民でもそんなに入ることがない貴重な場所、こんな時にでも行かなきゃいつ行くよってな話なのです。

                   

                  が、タイトルにもありますように今回は仲間を応援してきたんです。

                  ある意味参加はしてるのですけど「応援」。

                   

                  いや〜、実はこのミッドナイトエンデューロの募集が始まって、皆で「参加しよう」と言い始めた時って膝が痛くて痛くてたまらん時で。

                  「関西さん出ます?」と言われた時も、出たいという欲求よりも「膝いてえ、無理」という体の不調が先立ってしまって諦めたのですよ。

                   

                  まあ、その膝もこのエンデューロの時には治ってたのだが。

                   

                   

                  で、上の写真はその国際サーキットの駐車場なのですが、ま〜右を見ても左を見てもロードバイクを積んだ車ばかり。

                  今回は応援だけなのに、妙にこの駐車場にいるだけでもwktkする自分がいたりして。

                   

                   

                  当日はピットを借り切れるので、そこでバーベキューでもしながら皆で走ろうという話になってまして。

                  当日に走る輩は走り終わってからでないと食べられないのは分かってる(ってか、激しい運動するのに肉なんか胃が受け付けない)ので、それまでは火を起こしつつマターリしようと。

                   

                   

                  耐久レースと同時にお祭りの部分が大きいので、さすがにアルコールは無いもののフランクフルトとかの飲食物を売る露店も出てたりする。

                  因みに、自転車の保守部品(ブレーキシュー等々)も置いてたりするので、いろいろと便利。

                   

                   

                  ピットインの場所はこんな感じ。

                  建物の日陰なので、皆めいめいに着替えをしたロードバイクをサイクルハンガーに設置したりと準備。

                  センチュリーライドは参加経験があるけど、こういう仮にも「レース」の名のついた大会に関わる事がなかったから分からなかったのだけど、キャンプ用のビニールの椅子とかゴザとかがあった方が便利ね。でないと、地べたに直接座ることになってしまう。

                  今回は仲間の方がいくつかそういう物を用意してくれてたのだけど、次回はそういう物も用意しないと。

                   

                   

                  走るコースの一部分だけどこんな感じ。

                  さすがにレース場だけあってアスファルトのコンディションが凄く良いんです。

                  一般の道路みたく凸凹(でこぼこ)や凹凸(おうとつ)があるわけじゃなくて、す〜っと伸びる道は単純に綺麗。

                   

                   

                  …とか、ぼけ〜っと自分はしていたのだが同じチームの皆は大わらわ。

                  やれ、俺はアップかましてないから三本ローラー持ってくる、いや俺は三本ローラー乗ったことないから怖いしちょっとそこら走ってくるだの、一人がきばってイーストンのチューブラーのカーボンホイール持って来たのはよいけど、チューブラーがなぜかスローパンクしてて使い物にならなくて、これまた仲間の一人がシマノのC50(クリンチャー)を予備で持ってきてたからそっち使おうと言う話になったのだけど、カーボンホイールを履かせるロードバイクのブレーキシューがカーボンシューだからC50のアルミホイールじゃ合わないし、おいおいどうすんべとか何かもうお祭り騒ぎ。

                   

                  とか、やってる間にどっぷりと日は暮れはじめ。

                  気づくと出走前で、自分は応援なのに妙な緊張感が。

                   


                  なんだこの速さ!!

                  始めに先導車であるところのオートバイがロードバイクの前を走っていくのですけど、そのあとに続くロードバイクのま〜速いこと速いこと。

                  道のコンディションも良いのでしょうけど、単独で走っている人はいざ知らず、チームで参加してるところなんぞはひたすらトルクかけて後先考えずに走ってる可能性も。

                   

                  と、いうのも。

                  この国際サーキットのコースは、多少のアップ並びにコーナーがあるテクニカルなコースらしいのですが、一周大体3.75km。

                  このコースを1チーム5〜6名で回していくのですが、大抵「三周したら次に変わります」みたいな話をチームの皆で相談しあってる。

                   

                  で、一周3.75kmを5分弱で回ったとして三周で15分。

                  6名のチームとして自分の番が終わって次の番になるのは75分後、1時間15分後なんです。

                  まあ、実際はそこに各チームの戦略?や三周って言ってたけど二周毎で交代しようみたいな話も入ってきたりするので、そんなに休めなかったりはするのですが。

                   

                  で、ひたすらトルクかけて三周走るとどうなるか。

                   

                   

                  と、こうなります。

                  「アカン…死ぬ」とか「もう動けない…」とかの中々に楽しい言葉が聞けたりするので、見てる分には凄い面白い。

                  時間が経って来るに従ってSAN値がピン値になる、さながら野戦収容所みたいな雰囲気に圧倒されまくり。

                   

                   

                  …と、皆がそんな状態になる中。

                  自分はバーベのキューでノンなアルコールビール飲みつつひたすら肉を喰らってたわけだが。

                  ま〜旨いんだこれが!人が汗水たらして奮闘してる中、こうやって肉を箸でつつく快感!(お前最低)

                   

                  ってか、まじめな話エンデューロレースは面白いですよ

                  ガチ勢のチームと楽しく走りたいと言うチームの二種類にわかれますけど、レース場で走る機会なんてめったにあるわけじゃないですし、この雰囲気ってのは一度体験してもらわないとわからないだろうなあ。

                  ロードバイクやってる人なら一度体験してみる価値はあります、マジで。

                   

                  結局、4時間と10時間合わせて参加チームが100近くある中で自分たちのチームは4チーム参加。

                  最高位で10番台に入ったチームが出たので、皆で万歳。

                  4時間耐久が終わった瞬間どこからともなく拍手が出たのだけど、応援してるだけなのになんか変な感動があったね。

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:ロードバイク総合

                  | 関西 方麺 | 岡山国際サーキット「ミッドナイトエンヂューロ」 | 00:46 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
                  リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
                  ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
                  個人的オススメ?ネタ記事
                  岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
                  Powered By 我RSS
                  新しいものを捉えて、ビジネスに繋げないといけないと思う
                  0

                     

                    ポケモン取り放題! 大阪の商店街、有料アイテムで集客(朝日新聞DIGITAL)

                    >>アーケードの下で、スマホとにらめっこする人々の固まりがあちこちに見られる。「めっちゃいっぱいいる!」「千林来たの、何年ぶりやろな」「あ、ウナギ屋さんや」。スマホ片手に改めて店を見渡していた。

                    商店街振興組合IT部長でカバン店店主の柏木孝之さん(49)が、ポケモンを30分間呼び寄せられる有料アイテムを購入。自身のスマホを片手にポケストップを巡り、30日と31日の午前10時〜午後7時にポケモンを大量に出現させる。(全文はリンク先にて)

                     

                    ポケモンGO、凄い人気ですなあ。

                    私の住む大都会岡山でも、ポケモンGOが配信されてからというもの、ちょ〜〜っと繁華街に足を延ばしたらスマホ片手に睨めっこしてる人がなんと多いことか。

                    スマホと睨めっこしてる人が皆ポケモンGOをプレーしてるとは思わないですけど、それでも確実にこのド田舎県ド田舎市な所でもポケモンの波はやって来ているわけです。

                     

                    で、これだけ瞬間風速的にでもブームになるとネガティブな話は出てくるわけで。

                    朝のワイドショー見てたら「ポケモンプレーしつつの歩きスマホ」なんぞの話を鬼の首を取ったかのように放送してたのですけど、別にポケモン絡んでなくても、スマホがこの世に現れた時から言われ続けてた事であって「どうにかしてこのゲームを叩いてやろう」っていう匂いがプンプンしてるんですよ。

                     

                    そりゃ当然ですわね、

                    テレビ局にしてみりゃ、一時的ではあるとしても皆がポケモンGOをプレーされたら日常生活におけるテレビの占有率が減るわけですから。

                    出る杭は打つ、って事です。

                     

                    もっと言うと、一部報道では「ポケモンGOは一瞬でブームが終了の予兆「全然面白くない」」みたいな事も出てたりして、そんなもん、いくら名作と呼ばれるゲームでも皆が皆面白いと思うわけないのに、いかにも「俺、冷静に分析してますよ」的な。

                    ポケモンGOが何千万ダウンロードされてるかわからないですけど、それだけやってる人がいたら中には感性が合わなくて止める人もいるわいな。

                     

                    さて、上のリンク先の記事なんですけど、そういうネガティブな話の中にも新しいビジネスに繋げようとしている人はいるって話。

                    過去、何度か商店街の過疎にまつわる話をこのブログでも書いた覚えがあるのですけど、流行しているものに対して柔軟に頭を働かせて、若い人に商店街に来てもらおうとするこの姿勢は、結果はどうであれ感銘を受けます。

                     

                    鳥取県なんぞは砂丘を「ゲーム解放区」と新しく名付けて、新しいお客が来ることに期待してたりするんですよ。

                    「ゲームだから」だとかのくだらない色眼鏡で語るのではなくて、「このツールを使ってどのように次につなげるか」という事が大事だと思います。

                     

                     

                     

                    JUGEMテーマ:ゲーム

                    | 関西 方麺 | ゲーム | 23:44 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
                    リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
                    ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
                    個人的オススメ?ネタ記事
                    岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
                    Powered By 我RSS
                    未だに自室にはS-VHSが鎮座している
                    0

                       

                      船井電機、VHSデッキ撤退へ…国内で唯一生産(Yahoo!ニュース、読売新聞)

                      >>船井電機は、VHS方式の家庭用ビデオデッキの生産を7月末で終了する。
                      パナソニックやソニーなど大手電機が撤退する中、船井電機が国内で唯一、ビデオデッキを手がけていたという。船井電機は1983年にビデオデッキに参入し、2000年前後には国内や欧米で年間1500万台以上を販売した。

                       

                      また一つ、昭和の香りのする家電が終焉を迎えたか。

                      NHKの「プロジェクトX」でも取り上げられました、ビクターが作り上げた日本発祥の世界基準でもあるVHS規格。

                      当時、先行するソニーのビデオ規格「β(ベータ)方式」よりも画質云々の面では不利だったものの、結果世界で選ばれるまでの規格までになるとは、いやはや凄いもんだ。

                       

                      いまでこそブルーレイディスクに始まるデジタル機器の台頭 & ハイデフによる高画質化によって、録画機器による画質の違いってのが分かりづらくなったのですが、先に述べたビデオ…いわゆるアナログ機器ってのは、ま〜画質の良しあしがありました。

                      やれ磁気テープの信号を読み取るヘッドは4ヘッドが当たり前で2ヘッドはダメとか(D-VHSとかなると8ヘッドだったっけ)、3次元DNR(デジタルノイズリダクション)、TBC(タイムベースコレクター)付きのS-VHSのデッキの前面部にそのDNRとTBCの切り替えのスイッチボタンがあって、押すと途端に画面上に映る輪郭線のノイズが消えて、「凄えなあ、ほしいなあ」とショーウィンドウに飾ってあるトランペットを見る子供のように、よだれ垂らす勢いで製品触ったりとか。

                       

                      まあ、そういう意味では各社共に日進月歩の勢いで新製品の開発を行ってたでしょうし、「AV機器を楽しむ」といった所でも、面白い時代じゃなかったのかなあと思います。

                      タイトルにも書いてますが、未だ私の自室には日立のS-VHSのビデオデッキが鎮座してまして、はっきり言って全然使用することなんかないんです。

                      ですけど、なんか捨てるに捨てれないし、一応ビデオテープのライブラリー(背ラベルつけてないので、何の番組を録画したのか覚えてないけど数十本)は未だに持ってたりするんで、いつか、何かの時に再生してみようとは思ってます。

                       

                       

                       

                       

                      JUGEMテーマ:デジモノ大好き!

                      | 関西 方麺 | オーディオビジュアル関連 | 00:27 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
                      リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
                      ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
                      個人的オススメ?ネタ記事
                      岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
                      Powered By 我RSS
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << September 2016 >>
                      + CATEGORIES
                      + RECOMMEND
                      オヤイデ Fiio ヘッドホンアンプ E6
                      オヤイデ Fiio ヘッドホンアンプ E6 (JUGEMレビュー »)

                      初めてポタアンを使おうと思われてる方にはうってつけrの商品。形も小さいのが吉。
                      + RECOMMEND
                      【正規輸入品】 オヤイデ電気 Fiio iPod/iPhone/iPad専用ドック・オーディオケーブル 8cm L3
                      【正規輸入品】 オヤイデ電気 Fiio iPod/iPhone/iPad専用ドック・オーディオケーブル 8cm L3 (JUGEMレビュー »)

                      iPod(iPhone含む)を音の色付けなくポタアンに送るならDockケーブルを。
                      + RECOMMEND
                      Xbox 360 250GB
                      Xbox 360 250GB (JUGEMレビュー »)

                      もう「壊れやすい」とか「ACアダプタがカマボコ」とは言わせない!外観もも小さく、ACアダプタもコンパクトに。
                      + RECOMMEND
                      The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】
                      The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】 (JUGEMレビュー »)

                      RPGが好きなら嫁を質に出してもやれ!オープンワールドRPGの最高峰!!
                      + RECOMMEND
                      ドラゴンズドグマ
                      ドラゴンズドグマ (JUGEMレビュー »)

                      正直skyrimよりかは出来は落ちるが、国内のメーカーが作ったコンシューマーのオープンワールドRPGの中では最高峰の出来。自キャラも頑張れば美形が作れるぞ。
                      + RECOMMEND
                      DEAD OR ALIVE 5 (通常版)(初回限定特典かすみ あやね ヒトミ セクシーコスチューム DLC&14日間無料のXbox LIVE GMS同梱)
                      DEAD OR ALIVE 5 (通常版)(初回限定特典かすみ あやね ヒトミ セクシーコスチューム DLC&14日間無料のXbox LIVE GMS同梱) (JUGEMレビュー »)

                      セクシー格闘ここに極まれり!お色気ばかりかというとそうじゃない!読み合いも熱い!
                      + RECOMMEND
                      デッドオアアライブ 4
                      デッドオアアライブ 4 (JUGEMレビュー »)

                      ゲームの内容ウンヌンよりもこのクォリティでオンライン対戦ができる!ただの乳揺れゲーと侮るなかれ。
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      • ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ
                        あ (01/13)
                      • ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ
                        ぴっぷー (12/12)
                      • 人には言えない?自分だけの密かな楽しみ
                        ice (08/10)
                      • 人には言えない?自分だけの密かな楽しみ
                        ice (08/06)
                      • 人には言えない?自分だけの密かな楽しみ
                        ice (07/30)
                      • 岡山メイドカフェ戦争 (岡山メイドカフェまとめ)
                        * (05/06)
                      • Fallout3の規制は一体誰の、何に対してのものなのか
                        774 (05/03)
                      • 明けましておめでとうございます
                        関西 (01/28)
                      • 明けましておめでとうございます
                        領 (01/04)
                      • もし、越中詩郎がエヴァに乗ったら
                        村石太マン (07/29)
                      + RECENT TRACKBACK
                      + PR
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE