関西的日常

駄文エヴァFF書きの日常
Powered By 画RSS
中華のモノ作りパワーを舐めちゃいかん(Xiaomi Piston2)
0

     

    以前、このブログにて中華製のイヤホン「VJJB V1」を紹介した事があったのですが、それなら程なくして新しくイヤホンを新調してたにも関わらずここで紹介していなかったので、最近ブログも停滞気味な事もあるし、久方ぶり?にオーディオ関連の話題をば。

     

    VJJB V1なのですが、始めは「このドンシャリがたまらんねえ」とか思いつつ聞いていたのですけど、なんだかんだ言っても「ドン」が強すぎて聴き疲れするくらいのレヴェル。(◎新日本プロレス、外道)

    新しいのを新調するにしても、昨今イヤホンもピンからキリまであるわけでして、たっかい金出して新しい物を買うのもバカバカしい。

     

    で、出した結論はというと。

     

     

    中華イヤホン業界(と、言ってよいのか分からないが)で、極地的に人気を博していた中国のXiaomi(シャオミ)の「Piston2」を手に入れていたりする。

    イヤホン、ヘッドホンに詳しい人からしてみたら「何をいまさら」な機種なのは分かってるのですが、まあ世界一遅いPiston2のレビューって事でここはひとつ。

     

    シャオミと言うメーカーは元々はスマートフォンを製造するメーカーでして、確か「中国のapple」とまで言われるくらいの新進気鋭の新興メーカー。

    なんでそんなメーカーがイヤホンを?と言うところはあるのですが、今もシャオミはスマートフォンを作り続けてますし、「ガジェット」といった意味で、スマートフォンを含めての全体的な考え方で言うとイヤホンも作ってもおかしくないのではないでしょうか。

     

     

    Piston2は手のひらサイズのアクリルの宝石箱?を思わせるかのような容器に入っているのが特徴なのですが、VJJB V1の時も思いましたけど、こういう「高級感を持たせた商品の作り」に関して中華のメーカーは本当にうまくなったと思う。

    この面は日本のメーカーも見習うべき。

    商品としての本質…、機能であるとか耐久性ウンヌンの問題をクリアーするのは当たり前として「買う喜び」「手にした時の高級感」の追求という物を日本のメーカーはおろそかにしてると思う。

    まあ、上の写真に関して中のアクリルの容器はいざ知らず、それを包み込んでる茶色のパッケージはいただけないけどね。

    非常にそれが惜しい。

     

     

    中は二重になってまして、耳の穴の大きさに合わせて変える事が出来る代えのイヤーピースが付属でついているのと、装着した際にイヤホンコードが胸元で遊ばない様にとネクタイピンのような留め具がついていたりする。

    このPiston2、あまりにも人気がありすぎて偽物がごまんと出回っているのですが、偽物はこのイヤーピースが元から付属してない、もしくは付属してても非常にチャチらしいです。

     

    振動版にベリリウムが使われてることで話題となったこの機種ですが、外観を見ても分かるように安っぽさは微塵もないですなあ。

     

    さて、肝心の音質なのですが。

    先に例に挙げたVJJB V1とは真逆も真逆、高音の伸びと言いますか「音の抜け」が素晴らしい代わりに、低音はV1にははるか及ばないと思う。

    まあ、V1に関してはツインドライバ仕様で、個人的にはロックやジャズに向いていると思うので、元々の素性が異なっていて。

    Piston2はハイレゾにも対応とのことだが、元の曲の粗さを事細かに出すイヤホンだとも思う。
    元のソースが悪いと、味も素っ気もないまるで面白みのない、一聴すると「なんだこれ、こんな音だったか?」と言うくらいの音を出す。

     

    このPiston2、製造元のXiaomiではとっくの昔に終了しているモデルでして、amazonではPiston2で検索するとデッドストック(市場在庫)で、私が買った時よりも2倍以上の価格で売られている物と、1MOREと言うブランド名義で「Piston clssic」と言う振動版がベリリウムからチタニウムに変更されている物がヒットします。

    デッドストックに関しては、レビューを見てもらっても分かるように「偽物」を掴まされる可能性が高いので、博打を打ってでも欲しい人なら。

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:ヘッドホン・イヤホン

    | 関西 方麺 | オーディオビジュアル関連 | 23:28 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
    リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
    ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
    個人的オススメ?ネタ記事
    岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
    Powered By 我RSS
    写真で見る11月13日 DDT岡山大会「ドラマティック桃太郎伝説」
    0

       

       

      少し前になりますが、11月13日にイオン岡山の中にある岡山未来ホールにて、DDT(ドラマティックドリームチーム)岡山大会を観てきました。

      何年か前に倉敷市で一度DDTの大会は行われた事があるのですが、岡山市内の進出は今回が初。

      初物はプロレスと鰹に限る、と偉い人も言ってますしDDTの試合をこの目で見てみたいという気持ちもあったので会場を訪れたのですが…。

       

       

      記念すべき岡山大会、オープニングマッチは「大石真翔、勝俣瞬馬 vs 大鷲徹、ヤス・ウラノ」戦。

      DDTは他のプロレス団体とはすこーしだけ色合いが違って、ハードヒットもあれば面白要素の強い試合もあったりするのが特徴。

      この第一試合の大石選手、勝俣選手は入場時に歌って踊るのがお約束となっております。

       

       

      対する大鷲選手、ヤス・ウラノ選手。

      大鷲選手なんぞはむかーしはハードヒットでお馴染み?の方だったのですが、近年は丸くなったのか色々と面白要素が増えてきて。

      闘竜門とか大阪プロレスに所属してた時なんかは滅茶苦茶やってたからね、この人。

      素行不良がたたって所属団体から解雇されてたりするからね。

       

       

      「男色ディーノ、石井慧介 vs 高木三四郎、平田一樹」戦。

      大社長こと高木三四郎選手はDDTの立ち上げ人以外にも、飲食店経営やストレッチ店の経営等々多岐にわたる人。

      正直、DDTが旗揚げした時から知ってますけどごめんなさい、「絶対この団体持たないだろ」とか思ってました。

       

       

      対する男色ディーノ選手、石井慧介選手。

      写真は男色さんなのですが、ま〜今回初めて肉眼で拝見しましたが、テレビで見るのと同じもち肌なゲイ好きしそうなお身体で。

      「ゲイ」レスラーと言う肩書きは置いといて、正直この方に関して、日本にいるプロレスラーすべての中でも1、2を争うほどの「確固たるプロレス観」を持った人だと思う。それはDDTに関しても他のプロレス団体に関しても。

       

      ディーノ先生、入場時に「好みの男性が見つけてはキスをしまくる」のがお約束なんだけど、すぐ傍まで接近してきたにも関わらずスルーされた。

      どうやら自分はディーノ先生の好みではないらしい。

       

       

      で、試合展開はと言いますと上の写真を見て貰えばお分かり?の様に、まあ酷いね。(誉め言葉)

      男色さんが平田選手のバックを取ったと思ったらいきなり卑猥な動きをしつつ「ほらほら〜岡山のお客さんに見られてるぜ〜」って、どんな羞恥プレーやねんな。

       

       

      で、結局この試合のオチはというと、終盤に平田選手がいきなり試合をストップさせたかと思うと

      「待ってくれ!俺まだ岡山で踊ってもいない!!」と叫び始めてお約束の「HIRATA GO!」を踊りまくる展開に。

      踊っている間に、コーナーポストに置いてけぼり喰らってケツ出してるディーノ先生がなんともシュールな…。

       

      ピンポンパン体操を踊りながらの入場。岡山出身のレスラー、のどかおねえさん。

      小さい子供のお客にも楽しんで見てもらえるよう、子供のファンの獲得のために、このスタイルを託されたのだとか。

      対する山下実優選手は全日本の空手選手権で三位を獲得した事もある実力派の選手。

      凄く「足癖」の悪い選手でしたね。

       

      東京女子プロレス提供試合「山下実優 vs のどかおねえさん」。

      東京女子プロレスはDDTプロが運営する女子プロレスの事業部なのですが、今回のどかおねえさんが岡山に凱旋するにあたり、特別試合として組まれたのだとか。

       

       

      今回このDDTの岡山大会で「一番良見応えのある試合は?」と聞かれたらこの試合だったと思う。

      正直のどか選手と山下選手、どちらもあまり存じ上げない選手だったのですが入場時のホンワカした雰囲気はどこへやら、試合が始まるとガラリと空気が変わったんですよ。

      試合中に歓声すら挙がらなかったものの、技数は少ないながら、のどか選手の試合にかけるひたむきさや根性は「おっ」と思わせるものがありましたね。

      試合としてはのどか選手が負けはしたものの、デビューして1年経ってないんです。

      まだまだ、絶対伸びる選手ですね。

       

      遠藤選手に水平チョップを繰り出す竹下選手。

      遠藤選手のブランチャー。竹下選手に負けず劣らず、遠藤選手のビルドアップされた身体は素晴らしい。風邪ひきやすいんじゃね?

       

      「佐々木大輔、遠藤哲哉、マッドポーリー vs 竹下幸之介、アントーニオ本多、トランザム★ヒロシ」戦。

      竹下選手を生で観てみたい気持ちがあったのだけど、思ってた以上に上腕部を含む上半身が激しくビルドアップされてて「おおっ」と思った。

      確か4〜5年位前に両国だったか日本武道館だったか、エル・ジェネリコ戦でデビューしたと記憶してるのだけど(全然調べずに書いてる。間違えてたらゴメン)、ちょこちょこスカパーの中継でDDTの試合観てるにも関わらず、竹下選手はその時のイメージしかなかったんです。

       

      実際に今回生で観て、彼の成長っぷりはただ単純にすごいな、と。

      まだデビューして5年位だと思うんですよ、なのにDDTを代表する風格を持ち合わせてて実力も伴ってきてる。

      末恐ろしいですね。

       

       

      「HARASHIMA、影人 vs 高尾蒼馬、岩崎孝樹」戦。

      去年、棚橋弘至選手と色々あって、色々あったHARASHIMA選手ですが、岡山大会では生き生きと試合に臨まれてたのが印象的。

      自分ね、HARASIMA選手が怖いんすよ。DDTのファンの間じゃ「あの笑顔がさわやかで素敵」なんでしょうけど、正直あの笑顔が怖すぎる。

      なんかね〜、目が笑ってない時があるんすよね。

      それ知ったら、全然さわやかじゃないじゃん!って思えてきて…。

       

       

      メインマッチは「KUDO、坂口征夫、高梨将弘 vs 高山吉廣、樋口和貞、ワンチューロ」戦。

      11月23日に後楽園ホールにて、高山選手と坂口選手の一騎打ちが行われる前だけあって、試合内容はピリピリしたもの。

      このネタを書いている時には、すでに後楽園ホール大会の結果は出てるわけだが。

       

      ワンチューロ選手のVサイン。試合前だというのに茶目っ気のある人だ。

       

      試合内容はさておき、「坂口選手が思ったよりもやれる選手なんだな」という個人的乾燥。

      世の中では酒呑童子云々言われてますけど、私自身としては正直評価が高くないすよ。

      何年前だったか、ライガーさんが「坂口という名前を名乗るな」「プロレスの下積みがない奴をプロレスのリングに上げるな」みたいな事を言い放ち、大乱闘になったことを記憶してるのだけど、当時「そうだよなあ、坂口ダメだわ。話にならんよ」って思ってた人間なんです。

       

      試合後も坂口選手と高山選手の小競り合いは終わることがなくて。

       

      だけど、今回彼の試合を観て「ああ、環境や年月は人を変えるなあ」と少しだけ考えを改めた。

      総合やってたから、どーしてもキック主体な展開になりがちなんだけど、全然普通に動けてましたね。

      まあ、こんな事を書いたら坂口選手にも坂口選手のファンにも失礼なんだろうが。

       

       

      イオン岡山の中にある未来ホールというイベントホールはそこそこにキャパが小さく、この時の大会の観衆は321名。

      DDTとしても、初めての岡山市内での大会との事で色々考えて「無理をしない」方向に舵を切ったのだと推測してます。

      鶴見亜門GMがリップサービスかどうか分からないのですけど、「これだけのお客様来てもらえたので、来年もきっと岡山で試合ができると思います」と、話されていたので、来年も期待しましょう。

       

       

       

      JUGEMテーマ:プロレス

      | 関西 方麺 | プロレス | 00:21 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
      リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
      ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
      個人的オススメ?ネタ記事
      岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
      Powered By 我RSS
      第一回「ファンライド鏡野2016」に参加してきました(後編)
      0

         

        スタートしてすぐの時の目の前を走る、我が草チームの仲間の写真。まだこの辺は平地も平地。

         

        2016年10月23日に行われた、鳥取県の県境…岡山県の苫田郡鏡野町で行われた「ファンライド鏡野2016」の参加レポ、後編です。

        朝の3時に起床後、片道2時間弱の距離を経て会場に到着。

        そそくさと用意をして、ロングコース57km、7時半からのビギナークラスでの出場ってなわけで意気揚々?と飛び出したのですが…。

         

         

        スタートして10km過ぎるくらいはまだ「なごやか〜〜」な感じで、あらあらうふふでペダルを回してたのですけど、だんだんだんだんと斜度がついた道筋になってきて。

        斜度がつくならまだしも、基本山道な訳ですから道によっては車幅がほっそいほっそい。

        一緒に参加してる人がいるから先に進めるんであって、こんな所一人で走ってたら不安で寂しくて死んでまうわ。

         

        第一エイド間近の香々美ダムにて写真を一枚。こんときゃまだ余裕があった。

         

        第一エイド向かう終盤、そこそこな斜度の坂があって、ふうふう言いつつ登ったら凄い眺めの良いダムを発見。

        「お、こりゃいいわい」とばかりに写真撮りつつ5分弱ほど休憩したのですが、ここから100mも走らない場所に第一エイドがあったのを発見した時はもうね…。

         

         

        第一エイド「越畑エイド」。

        ここでは水分の補給並びにバナーナや凍らせたシャインマスカット(皮ごと食べられるマスカット)、サイコロチョコ等のエイド食がありました。

        「とりあえず食わなきゃ身体ももたんわい」と、もくもくとエイド食をかっ喰らい、身体を冷やさない程度の休憩の後再び走り始めたのですが…。

         

        第一エイドを超えてから、本格的?なヒルクライムの始まり。

         

         

        上の写真で大体7〜8%くらいの斜度の道だと思うのですが、ここはまだ可愛い方で。

        距離にして4km弱だったと思うのですが、12〜13%…酷い所になると15%以上の坂が苦しくて苦しくて。

        もうね…ふうふう言いながらペダル回してると、横をすい〜〜〜〜っと涼しい顔して登っていく人がいたりして、普段どんな練習してるのだと。

         

         

        ヒルクライムの頂上、笠菅峠。

        この峠越えがファンライド鏡野の一番のメインイベントでして、ま〜本当にきつかった。

        サイコンでこの時の心拍見ると190近くあったからね。

        どんだけ身体に負担かけてるんだよ俺、ってな話ですよ。

         

        笠菅峠の記念に、道路端でとりあえず一枚。こんな時でもないと来る事がない。

         

         

        笠菅峠を下ってからは多少のアップダウンがあるものの基本平地も平地。

        ってか、あの峠のつらさを知れば大抵の坂なんか余裕?で登れるわ。

         

        で、ふんふ〜んとペダルを回してると、はるか後方からタイヤと道路を擦るロードノイズが。

        その音はだんだんだんだん近づいてきて、さ〜〜っと華麗に横を抜かしていくんです。

         

        自転車界隈では有名な方々のぢろうさん、マラソンサニーさん、島風さん。

         

         

        ま〜このお三方が速い速い。

        島風さんはロードに乗ってて、ほかのお二方はママチャリなのですが、少々の坂は何のその。

        颯爽と他の参加者の方々を追い抜いていく姿に惚れ惚れした。

        この方々さっきのヒルクライム登って来たんだよな?!

         

        ってか、前々回の出雲路センチュリーの時と同じく、「乗らなきゃ!このビッグウェーブに!」と、ばかりに、こそ〜〜っと後ろに付かせてもらってトレインで走ったけどね。

        本当に申し訳ない、感謝。

         

         

        第二エイドステーション「水の里 奥津湖」。

        このエイドはショートコースで参加した方々の折り返し地点にもなっていたらしいのですが、到着した時にはまだまだ人が少なくて、「あれ?結構抜かされた気がしたけど、そこそこ早いのか?」とか思ったりして。

         

        と、いうのもこのエイドステーションを過ぎると残り20kmもないのですが、時間調整の兼ね合いなのか出発時刻が決められてまして、AM11:00を過ぎないと出発できないと。

        到着した時が10時半前だったので、30分以上待たないと出発できない。

         

        と、言う訳で。

         

        鏡野産直のトマトとシャイン>マスカット。トマトもほら、最近高いから。

         

        祭りじゃあああああ!!

        食え食え〜〜!!

         

        この蒸しパンが程よく甘すぎず美味しかった。炭水化物炭水化物。

         

        ええ、申し訳ないですけど食べましたよ。滅茶苦茶。

        上の写真の蒸しパンなんか、出来合いを並べてるんじゃなくて、ちゃんと長机の後ろにせいろ持ってきてそこで蒸してたからね。

        出来立ての蒸しパン、そんなもん食うに決まっとるがな。

         

         

        AM11:30に再び再開。

        ここからは基本平地と下り坂のみなので、つらつら〜〜っとゴール(スタート)地点まで戻れば終わり…と思いきや。

         

         

        本当に最後も最後のエイド?ステーション「山田養蜂場 みつばち農園」。

        ここでは養蜂場で売っていると思われる、どら焼きがエイド食で提供。

        そりゃ食うよ、おいしく食うわな。

         

         

        ああ…、鏡野の道のりが終わってしまう。

        この感覚ってなんなのでしょうなあ…、途中ヒルクライムやってる時は「つらいきつい」なんですけど、いざ終わりが近づくと「もうちょっとペダル回したいなあ」とか思っちゃうのって。

         

         

        と、言う訳で休憩抜きで3時間16分、休憩込みで5時間くらいで無事にゴール。

        完走証が頂けたのと、ゴール後のお祝い?の軽食…というか食事が貰えたのですが…。

         

         

        食事の種類もそうだけど、なんか妙に多くね?

         


        母様から残すなと言われてるので、綺麗に食べましたよ。ええ綺麗に。

         

        から揚げ、山菜おこわ、塩結び、うどん、豚汁…と、何だこの組み合わせ。

        ポーカーで例えたら、汁物とお米で2ペアじゃん。

        しかも、ゴールした参加者全員に配ったにもかかわらず滅茶苦茶余ってて、ボランティアの人に「お結び持って帰って」とか言われて塩結び10個以上貰ってリュックに詰めたし、うどんも三杯くらい食べたし。

        「坂登るためには減量だ」と、この大会出るためにゆる〜いダイエットしたのに、家に帰って体重計で自分の体重図ったら出発前より2kgほど増えてたからね。

        おかしいだろいろんな意味で。

         

        …と、言う訳でファンライド鏡野のレポ、いかがだったでしょうか。

        今回が初の大会だったにも関わらず、鏡野が「この大会を今後も続けたい、盛り上げたい」と言う気合い?であふれた大会だったのではないかと思います。

        昨今、村おこし?の一環でマラソン大会が全国各地で行われておりますが、峠が絡むと中々そういう催しはやりづらいという事からか、こういった自転車のファンライド、ロングライドが増えていることも事実。

         

        個人的には来年も参加したいなあと思ってます。

        距離数は短いながらもヒルクライム、ダウンヒルありと起伏に富んだコース設定は面白いし、何より飯が旨い。 ←ここ重要

        鏡野の「地産地消」のエイド食は「来年また参加して、食べたいなあ」と思わせるだけの魅力がありました。

         

         

         

         

        JUGEMテーマ:ロードバイク総合

        | 関西 方麺 | ロングライド「ファンライド鏡野2016」 | 23:04 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
        リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
        ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
        個人的オススメ?ネタ記事
        岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
        Powered By 我RSS
        第一回「ファンライド鏡野2016」に参加してきました(前編)
        0

          上の写真は大会のスタート地点でもあった鏡野ドームでの開会式の時のもの。

           

          2016年10月23日に行われた、鳥取県の県境…岡山県の苫田郡鏡野町で行われた「ファンライド鏡野2016」に参加してまいりました。

          今回が栄えある第一回目となるこの大会、「第一回目だったら参加しないとなあ」と、言う事で、いつもこういう大会の時には無理やり誘っている「ものぐさが服着て歩いてる」でお馴染のY君を誘ったのですが、返答はと言うと。

           

          「何か調べたら、コースの半分くらいが坂だから嫌だ。許してやるから勘弁してください。ってか、自転車で参加する奴の気がしれない絶対参加したくねえ

           

          と、いい歳こいたオッサンのくせに世のヒルクライマー全員を敵に回すような事を言うので、「まあそういうなら仕方ない」と今回はY君は参加せず。

           

          カメラのおかげかそこそこ明るく映ってますが、実際は真っ暗。

           

          出走がAM7:30だと言う事で、逆算して明け方の3時に起床。

          AM4時半前には出発して2時間も経たずして、無事大会運営本部が指定する駐車場に車を停める事が。

          大体日中に岡山市内を津山に向けて出発すると片道2時間は絶対にかかるのですけど、ま〜こんな朝早くから車で移動するとすいすい進むね。

           

           

          会場の鏡野ドームに自転車で到着すると上の写真のような紙でできたタグをロードバイクの前か後ろのどちらかに付けられまして。

          今大会の途中にエイドステーション並びにチェックポイントがあるのですが、その場所で係員がハサミでそのタグを切り取っていく訳です。

           

          こういう大会の時にいつも思うのが、ま〜これだけのサイクリストが普段どこに隠れてるのやら。

           

          さて、大会のたびに毎度チェックしてる自転車のブランドチェックなのですが、前回の瀬戸内市福祉センチュリーライドの時と同じく、GIANT、TREK、Canondale。まあ、この三つのブランドは御三家か。

          そのほかチラホラとKUOTA、GIOS、ウィリエールを見るくらい。

          考えると、街中でもGIANTを始めとする御三家?はよく見かけるので、地域差はあるでしょうけど流通量はもの凄いのでしょうなあ。

           

          ってかさ。

          もう飽きたわ、毎度毎度「どうしようコラテックを一台も見かけない」ってここに書くの。

          正直、そんなに売れてないブランドだってのは分かってる。

          お願いだから、自分以外でコラテック乗ってる人出てきてくれ。

           

           

          今大会はショートコースとロングコースの二種類。

          ショートコースは27kmでロングコースが57km、km数だけ見ると「なんだ大したことないじゃないか」と思われるかもしれませんが、大会を断腸の想いで断念したY君が冒頭に言っていた様に、今大会はコースの半分がヒルクライムのコースというもの。

           

          私こと関西が参加するのはロングコースの57km。

          実はこのロングコース、出走する時間によってビギナーから上級まで分かれておりました。

          大会運営の考えとして「上級はあっという間に登れて当たり前」という考えがあるらしく、ビギナーは朝7時半からの出走なのですが、上級は朝9時を過ぎないと出走できないというもの。

           

          事前の申し込みで中級で応募してたのです、私。

          ほら、ビギナーってのもアレじゃん?という訳の分からない見栄の産物だったのですが、当日参加者を見ると殆どの人がビギナーの7時半で出走する模様。

           

          あれ?

          と、いう事は中級、上級の人達の中に放り込まれて、皆先に行ってしまって一人でぼっちになるパターンかこれ?

           

          結果、7時半のビギナーで参加する自分がいた。

          当日、前回と同じく草チームの仲間の面々も参加していたのですが、その人達もなぜか皆ビギナーでの参加。

          おいおい、自分はともかくとしてあんたら皆、通常は上級者でエントリーする輩やんか。

           

          …と、言うところで意外と話が長くなりそうなので次回に続きます。

          だけど、意外と話があっさり終わるかも。

           

           

           

           

          JUGEMテーマ:ロードバイク総合

          | 関西 方麺 | ロングライド「ファンライド鏡野2016」 | 00:39 | - | - |ブログランキング・にほんブログ村へ
          リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
          ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
          個人的オススメ?ネタ記事
          岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
          Powered By 我RSS
          第二回 瀬戸内市福祉センチュリーライドに参加してきました
          0

             

             

            2016年10月16日に岡山県瀬戸内市で行われた、障碍者施設が主となって企画運営を行ったファンライドに参加してまいりました。

            去年が初回で今年が二回目という事で、県内県外から合わせて約600名のサイクリストが参加した大会なのです。

             

            私こと関西は去年参加いたしまして(その時のレポはこちら)、中々の充実感があったものですから「今年も出ようかなあ」と、出雲路センチュリーライドでも一緒に走った、「ものぐさが服着て歩いてる」のY君と参加申し込みをしたのですが。

             

            今年のコースは去年と違い、主に逆を回る形になっておりまして、後半になればなるほど斜度がある坂を走らないといけない寸法に。

            …と、いう事を事前に大会の関係者らしき人から聞いてまして、「まあ、去年の激坂が中盤くらいだろうし今年は逆回りだったら激坂も楽な方から登れるじゃん」とか思ってた。

             

            まあ、その考えは間違いだったと走りながら気づくわけだが。

             

             

            9時から出走なので去年と同じく7時過ぎには会場入り。

            今年は草チームの仲間の方も参加していて適度にあいさつしつつ、いつもながら出走の前になると途端に落ち着きがなくなるY君とスタートの時間を待っていた。

             

            周りを見渡すと、前回の出雲路センチュリーライドと違って圧倒的に多い車種はキャノンデール、トレック、ジャイアント。

            たま〜にチラホラとジオスやウィリエール、クォータが混じる感じ。

            キャノンデールとトレックに関しては正規取扱店が岡山市にあるという事と、流石のジャイアントは言わずもがな。

             

            どうしよう、去年に続いて一台もコラテックを見ない。

            ってか、コラテックでファンライド出るのはお門違いなのか。

             

            これ、アーチに書かれたスタートとフィニッシュが反対だったりする。たぶん設置してから気づいたんだろうな。

             

            9時丁度にロングコースがスタート。

            本当に長い一日の始まり。

             

             

            さて、今回のロングコースは100kmの工程だったのですが、スタートしてから約5〜6kmまでは前回と同じコース配置だったものの、それ以降は新コース、または逆回り。

            上の写真はその5〜6km地点を過ぎた時のものなのですが、この坂っぽい道を超えるといきなり斜度が5%くらいの坂が現れて「おいおいもうかよ」と、げんなりした。

             

             

            最初のエイドステーション「備前おさふね刀剣博物館」。

            この博物館は、過去「エヴァンゲリオンと日本刀展」の時にお邪魔してまして記憶があったのですけど、まさかこの場所にロードバイクで訪れるとは。

             

             

             

            ここでの早速のエイド食は瀬戸内のレモンのゼリーとクッキー。

            まだまだ体力に余裕のある時だったのだけど、食えるもんは食っとかないと。

             

            …と、後ろをついてきているはずのY君を見ると、もうこの時点で顔が真っ青な状態。

            お前どんだけ鍛えてないねんな。

             

             

            さて、そんなY君と一緒に川沿いを下りつ平坦基調の道を走り抜ける。

            …はずなのに、見通しの良い場所だからか向かい風がそこそこあってスピードが出ない状況。

            そんな中、そこそこペダルを回して先に進む。

             

             

            第二エイドに向かう前の休憩所?の「児童福祉の父」と呼ばれた石井十次孤児院発祥の地。

            岡山での孤児院発祥の地が、今回の休憩所の一つとは中々に感慨深い。

             

            到着してエイド食のサイコロチョコやペットボトルの水とか飲みつつ、10分くらいわちゃわちゃしてるとY君も遅れて到着。

            どうやらY君ここに来るまでの向かい風に体力を奪われたらしくて青色吐息、とりあえずY君に「どうするよ?」と聞いたら「とりあえず自分のペースで行くんで先に行っていいよ、いや、行ってください頼むから」との事で、前回と同じく「ゴールで会おう」と話して、一人飛び出たのですが…。

             

             

            第一回目の大会のクライマックスだった、最高の斜度が15度以上あったと思われる激坂ですが今回は逆からの登りで、そこそこな登りなものの自分的には「まだ」我慢できる範囲。

            ただ、写真にもありますように所々で足を止めて一息つく人が見受けられましたね。

             

             

            峠?を超えると海岸線…なんだけど、ここからもアップダウンが続く続く。

            考えてみると、去年参加した小豆島の大会のコースほどじゃないけど、このセンチュリーライドもそこそこに坂が続くコースなんだよなあ。

             

             

            第二エイド、牛窓ヨットハーバー。

            のエイド食は、何か嬉しい焼きそば!しかも牛窓産のマッシュルームをふんだんに乗っけてるというおまけつき!

            何気にマッシュルームの生産地として名高いのがこの牛窓という地域でして、確か出荷量は全国でも5位以内だとか。(間違えてたらゴメン)

             

             

             

            焼きそばを喰って炭水化物を補給した後も一人旅は続く。

            相変わらずの向かい風でげんなりしてる中、第三エイドの前にエイドとは別途の休憩所が設けられていて。

             

             

            その名も分かりやすい「日本一のだがし売り場」。

            倉庫を改造した駄菓子屋さんなのですが、改造してるだけあってか敷地面積5500坪でやたらと駄菓子が豊富な事にちょっとだけテンション上がった。

            ここでのエイド食(になるのか?)はやっぱり駄菓子!!

             

             

            実はこの駄菓子店、2017年の夏ごろまで週間サンデーで好評連載中の「だがしかし」とコラボした売り場があったりする。

            近くに来られた際はぜひとも見てみるべし。

             

            で。

             

            実はこの駄菓子店から第三エイドの長島愛生園に行きつくまでにそこそこの?アップダウンがありまして、「ああ、多分Y君はここで力尽きるかもなあ」と思ったりもしながら走ってたのですが、ま〜地味に足が削られる削られる。

            他の参加者の方々はどう感じたのかわからないけれど、この第三エイドに行くまでが自分的に一番つらくて。

             

             

            第三エイド、長島愛生園。

            ひーひー言いながらやっとこさこの場所について飲んだ写真の豚汁が身体に沁みる沁みる。

            この時点で89km地点で残り11kmなんですけど、正直言って脚が残ってない状況だったんです。

            ここまで来た時に「あれ?去年よりもつらくね?」と初めて思った。

             

             

            長島愛生園から元来た道を引き返し、またじみ〜に坂が続く。

            …が、残り11km。たった11km!!

            もうすぐじゃん、1kmを3分弱で走れば33分でゴールじゃんと思いつつ、ただひたすらにペダルを回す。

            もうね…、距離的には大したことないのに、ここまで追い詰められそうな考えを起こすのはひとえに坂が全て悪いんだ。

             

             

            …と、言う訳でスタートしてから途中休憩込みで6時間7分でゴールとなりました。

            休憩時間を抜くと大体4時間弱くらいのゴールだったみたいです。

            ま〜〜去年に引き続きこんなものかなあと。

             

            因みに、第二エイドの前の休憩所で別れたY君なのですが、自分から遅れる事1時間程でゴールとなりました。

            ゴールしてぜえぜえと荒い息を吐くY君に「どうだった?」と、恐る恐る聞くと。

             

            「第三エイドの前の坂がきつすぎて歩いた

            「あ〜、やっぱりなあ。あそこがきつかったよなあ」

            「うん、周りの参加者の人がロード降りて押して歩いてたから、「ああ自分も降りて歩けばいいんだ」って思って歩いた

             

            お、おお…、なんかアレだけどゴールできたから良しとするべきか。

             

             

            去年の第一回に引き続き今回が二回目となるこの大会、コース的には去年よりも意地の悪い?コースと仕上がっていたと思ったのですが、気のせいなのでしょうか。

            コース的には初級者は厳しいと思われるこの大会、とりあえず完走したY君曰く「小豆島のさぬきセンチュリーライドと張るくらいツライ」との事ですので中級車〜上級者向けの大会だったと思われます。

            相変わらずボランティアの数が少ないらしく今回も人員の配置に苦労したようですが、先に向けての課題なのでしょう。

             

            さて、次の大会の参加は今年が初となる「ファンライド鏡野」。

            このブログの記事を書いている時にはすでに大会は終わっているのですが、この大会で今年の参加は終わろうと考えています。

             

             

             

            JUGEMテーマ:ロードバイク総合

            | 関西 方麺 | ロングライド「瀬戸内市福祉センチュリーライド」 | 23:46 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
            リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
            ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
            個人的オススメ?ネタ記事
            岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
            Powered By 我RSS
            新しいものを買うと皆それを自慢?したがる
            0

               

              さてさて、10/16日に「第二回 瀬戸内市福祉センチュリーライド」に参加するのですが、その前の「出雲路センチュリーライド」に出場する前から、Y君と差をつけたいがために実はおニューなアイテムを買っていたりした罠。

               

              …が、以前のブログを参照して貰えば分かるように、そのおニューなアイテムは使用せずに参加。

              一体なぜ使用しなかったのか、なぜ買ったら買ったでこのブログでネタにしてなかったのか。

               

              ここでつれづれにY君の乗っているロードバイクと、私が乗っているバイクを紹介すると。

               

              彼の所持するロードバイクはキャノンデール、アルミ最高峰のCAAD12。

              対する自分のロードバイクはコラテックドロミテ2013ごくごくふっつーのアルミバイク。

              もともとの値段が天と地ほどに違いすぎることに加えて、性能?も比例してCAADが素晴らしいわけなのです。

               

              今更車体自体を変える(フレーム買っちゃう)というのも面白みがないし、それじゃ本末転倒っぽい。

              見た目を激的に変化させて、なおかつ走りに影響する部分…。

               

              と、言うわけで。

               

               

              ホイール、フレーム新興メーカーで極地的に話題を振りまいている、ICANカーボンディープホイールICANクリンチャー50mmハイト」を仕入れてみた。

               

              実はこのホイールを買う前から、Y君には事あるごとにNHKの自転車情報番組「チャリダー★」の録画したものを見せていて「カーボンディープホイール」は高いけど巡航速度は劇的?に上がるらしい、という潜在意識を植え付けることに成功。

              当日に50mmハイトを履かせた我がドロミテでさっそうとY君の目の目に現れ、いくら世の中のロード乗りのICANのホイールの評価がキワモノというイメージがあったとしても「え?何カーボンホイール買ったの?」と、羨望と嫉妬が入り混じった目で睨みつけるY君を見る事が出来るっていう寸法を考えてたのです。

               

              まあ、実際amazonのリンク先を見て貰えば分かると思うのですが、このICANのホイールは既存のホイールメーカーが作るカーボンホイールと比べるとやたらめったら価格が安い。

              カーボンホイールメーカーでお馴染みなFFWD(ファーストフォワード)なんか、こちらのページを見て貰えば分かると思うのですけど前後1セットで20万円からみたいな、おいおい俺のドロミテ下手したら旧モデルで2台買っておつり来るぞレヴェル。(©新日本プロレス 外道)

               

              まあ、販路がamazonくらいしかないので人柱覚悟で買ってはみたものの、そこから流石の大陸メーカーと言うべきか、ICANの対応の悪さに辟易としながらもなんとか商品を確保。(amazonの該当ページにその時の事は書いているのだけど、今思い返しても絶対自分は悪くないと思う)

              上の写真はやっとこさ届いたホイールを手にして、組み付ける前の写真なのです。

               

              50mmハイトはやっぱりいかつくて格好いい。後はどこまで耐久性があるのか…。

               

              さて、amazonのレビューにも書いたのですが、中華製のホイールで使われているハブでお馴染みのpowerwayはやっぱり回りが良くなくて。

              空転させるとそこそこにくるくる回るのですけど、実際にタイヤ履かせて試走すると慣性が効かずにすぐ失速してしまう。

              重量はほぼカンパのZondaと変わらないのに失速するという事は、単純にハブが良くないのでしょう。

               

              で、ここからamazonに書かなかった事。

              見た目はそこそこに格好良い?のに中身が伴わないのもアレなんで、少し前にこのブログでも書いた私が在籍してるロードバイクの草チームでの、整備を担当している人に無理をお願いしてハブのメンテ並びにグリスの入れ替えをしてもらう事に。

               

              で、整備の方が言うには「ICAN自体のホイールの精度は価格だけで見ると凄くよく出来てる。ただ、ハブの中のグリスが固めのものが入ってるので一度全部落として柔らかめのグリスを入れなおす」との事。

              後、余談でスポークのテンションのばらつき?について聞いたら「この価格帯のホイールはアルミホイールならいざ知らず、カーボンホイールならスポークのテンションがバラバラでも仕方ないような気がする」との事で、

              カーボンの精度で剛性が高い部分と弱い部分が出てしまうそうで、いい感じに捉えると「その剛性が高い部分と弱い部分でテンションを変えているのではないか」と。

               

              試走もかねて国分寺まで走った時の写真。中々にいかつい。

               

              まあ、テンションの事はいざ知らず、ハブの回りは気になってた部分だったので変えてもらって試走してみたのですけど、グリスを変えてアタリを取った状態のものがこれほど良く回るのか、と言うくらいの違いを感じられて驚き。

              とは言っても、Zondaと同レベルのハブの回り具合…と言った方が良いかも。

              レビューでも書きましたが、1万円以上値段は変わりますがノバテックハブのホイールを買った方が幸せになれるような気がする。

               

              で、冒頭の「なぜネタにしなかったのか」なのですが、出雲路センチュリーライドは予報の時点で大雨も大雨で。

              カーボンホイールは雨が大敵で、全くもって制動力がなくなってしまうことに加えて、せっかく買ったおニューなアイテムなのに、泥だらけにしたくなかった…と言うのが本音。

               

              このネタ記事も、実は出雲路センチュリーライドに参加する前に書いてたんです。

              だけど、ICANのホイールで参加することが叶わないと分かってたので、この福祉センチュリーライドまで寝かせたというね…。

               

              さて、これで用意は整った!

              後は当日Y君にこれを魅せびらかせて、意気揚々と本番に臨むのみ!!

              まあ、あいつの事だから「ふーん」くらいのリアクションしかしないのだろうけど…

               

               

               

              JUGEMテーマ:ロードバイク総合

              | 関西 方麺 | ICAN カーボンホイール | 23:06 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
              リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
              ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
              個人的オススメ?ネタ記事
              岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
              Powered By 我RSS
              ハルヒの新作が出ないのは作者のせいだけではない
              0

                 

                「ハルヒ」TVアニメ10周年、劇場版も収録した集大成BD-BOX「涼宮ハルヒの大成」

                >>2006年のテレビアニメ化から10年、「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズをまとめたBlu-ray BOX「涼宮ハルヒの大成 −Super Blu-ray BOX− 初回生産限定版」が12月18日に発売される。価格は27,000円。品番はKAXA-9826。発売・販売元はKADOKAWA。第1期の音声は5.1ch化される。

                 

                ハルヒがアニメ化されてからはや10年ですか、いやはや歳を取るわけだ。

                「ライトノベル」と言う言葉がチラホラ聞かれだした頃に発刊され始め、アニメ化された際には劇場版アニメと見間違うばかりの高いクォリティで話題をかっさらった作品なことに加えて、制作会社の「京都アニメーション」やヤマカンの愛称でお馴染み?な山本寛氏がシリーズ演出を務めたことでも有名なのですが。

                 

                …と、まあハルヒに関しての話題はアニメに関して詳しい人ならある程度分かってますし、「何をいまさら」な話なのは分かってる。

                今回この話を書いたのは、2011年以降ハルヒの新作であるところの文庫本は発行されてない事に加えて、作者の谷川流氏はハルヒ以外の作品に関しても長期の休載をしてる状態で、アナウンスすらないという事に関してなのだけど…。

                 

                ひょっとして、前にこのブログにて同じようなことを書いたかもしれないのですが、ハルヒに関して新作が出ない、もしくはそれに関して何のアナウンスもされない状況というのは、ファンフィクション…俗にいう2次創作が谷川氏のモチベーションを保てなくしてるのではないかと、邪推してみたりするんです。

                 

                試しに「ハルヒ SS」で索引してみると、ま〜〜出るわ出るわ。

                ハルヒが好きな方々が書いた「涼宮ハルヒの〜」の2次創作が星の数ほど…と言えばいいすぎになるかもなのですけど、中にはその後を書いた作品もあったりするわけで、もし仮に谷川氏がハルヒの新作を書いている時に、ファンフィクションとはいえよく似たプロットの二次創作が出てたりとかすると、発刊された暁には「パクリだ」みたいな事を言われる事を恐れるのではないかと。

                 

                人気がありすぎる作品というのも困ったもので、今じゃWeb上で誰もが簡単に作品を発表できてしまうこのご時世、当の谷川氏がファンフィクションを読んでいるかどうかは分からないのですが、「新作」に対するハードルが高くなっているという事も十分にあり得ると思うんです。

                 

                これによく似た?話というか、エヴァに関してもそういう事がありえて。

                旧エヴァの最終回に納得いかないファンがこぞってWeb上で「もう一つの最終回を」とばかりに色々なファンフィクションを書いていった結果、当の庵野監督は新劇場版「Q」みたいに、ある意味ちゃぶ台ひっくり返すような作品を作ってしまった。

                 

                私も真似事みたいな感じで、むかーしファンフィクション書いてましたけど、ハルヒどころじゃないですよ、エヴァの二次創作の多さは。

                庵野監督こそエヴァに関しての二次創作を読んでいる、目にしているとは到底思えないのですけど、ファンにしてみればベタな内容でよかったんです。

                なのに、出てきた「Q」に関しては斜め上の方向へぶっ飛んでしまった。

                あれをちゃぶ台返しと言わずして何を言うんだってな感じ。

                 

                 

                 

                 

                JUGEMテーマ:漫画/アニメ JUGEMテーマ:デジモノ大好き!

                | 関西 方麺 | アニメ、漫画 | 21:49 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
                リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
                ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
                個人的オススメ?ネタ記事
                岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
                Powered By 我RSS
                「出雲路センチュリーライド」は波乱でいっぱい(後編)
                0

                   

                  スタート前のロードバイクの平置きの集団。お値段は一体いくらになるのやら。

                   

                  島根県松江市で9/18日に行われた160kmを制限時間内で走りきるロングライド(ファンライド)の大会、「出雲路センチュリーライド」参加のレポ、後編です。

                  17日に無事島根県に到着、出雲大社でお参りのち事前受付とDECOJAでサイクルグローブを1000円でゲットして、9時半には就寝した…というまでが前編の話。

                   

                  翌朝2時半起床。

                  100kmを超えるロングライドになると、身体のエネルギーを補うために炭水化物の摂取が必要不可欠なんだけど、起きてすぐにモリモリ食うのは身体が受け付けにくいので、最低でも車でスタート地点に出発する二時間前には起きよう、と思ってたのでこの時間に。

                   

                  で、この時点では雨は止んでいた。

                  雨雲レーダーを見ると、午後位からまた雨は降りだすみたいなのだけど、レーダーを見る限り島根県にかする位?っぽいので、まあいけるだろうと踏んでいたんです。

                  まあ、その判断が甘かったわけだけど。

                   

                  Y君を3時半にたたき起こし、調子を整えさせ、大会会場の駐車場が5時半に開くとの事で、少しでもスタート地点(松江イングリッシュガーデン)に近い場所に駐車したいと思って会場近くまで来ると。

                   

                   

                  皆、考えることは同じで、会場の駐車場が開くのを今か今かと待っていた状態。

                  今回の大会は723名の申し込みで、当日大会の参加者は550名弱だったらしいのですけど、半分が島根県からの参加者と考えて残り参加者が200名弱、3人一組で車で来たとしても70台…。いや、もっと停まってたぞ。

                   

                   

                  会場入りしたのが6時前で、この時もまだ雨は降ってなかった。

                  他の参加者の方々も続々と駐車場に入ってはテキパキとロードバイクを組み立ててる中、ふとY君を見ると。

                   

                   

                  お前どんだけ補給食持ってきてんねん。

                  「いや〜、やっぱり必要じゃん」と、Y君の弁だったのだけど、まあ気持ちは分かる。

                  ってか、正直自分もその数に勝るとも劣らないくらいの数の補給食は持ってきてたよ。

                   

                  などと、Y君とやり取りしつつこちらもスタートするためにロードをキャリアから降ろして組み立てしつつ、他の方々のロードバイクを見てたのですが、やっぱり多いのはGIANTなんだけど意外や意外、キャノンデールのロードバイクを殆ど見ることがなかった。

                  ピナレロ、KUOTA、KOGA、KONA、GIOS、ヨネックス…と、ピナレロやKUOTAはまだしもKONAはMTBで有名なメーカー。

                  地域がらなのかなあ…と思ったりもしたのだが。

                   

                  どうしよう、コラテックのロードバイクを一台もみない。

                  毎度のことでアレなのだけど、あれか、コラテック乗りはファンライドに来るなってか。

                   

                   

                  と、お決まりの?文言を載せたところで。

                  走行時の注意事項等の簡単な?ブリーフィングを済ませ、7時半にいよいよスタート。

                  長い一日の始まり。

                   

                   

                  この出雲路センチュリーライド、21km地点の第一エイドステーションまでは細かい?アップダウンの繰り返しで地味に心肺と脚を削られる事に加えて、出発して1時間も経たないうちに止んでいた雨が再び降り始めて、しかも降ったり止んだりの繰り返し。

                  始めのうちは自分もそうなのですが、他の参加者の方々も元気なものですからどんどんどんどん坂を登っていくのですが、それにつられて登っていくとあっという間に心拍がえらい数値を叩き出す寸法。

                   

                  ある程度集団について行ってたのですが、「まあ、自分のペースで登っていくか…」と思いつつ、ふと後ろを振り向くとY君の姿は無く。

                  坂が超苦手なY君、早々とペースについていけずに脱落?した模様で、目を凝らすと既にロードから降りて手押しで歩いていたのが見えて。

                   

                  序盤戦から待っていてもきりがないので、とりあえず自分のペースで走りつつ、第一エイドステーションで待とうと決意。

                   

                   

                  1時間半くらい走って、第一エイドステーション「割烹温泉ゆらり」に到着。

                  後になって聞いたのだけど、この第一エイドの時点で落車が一人、それとは別途に棄権者が一人出たとか。

                  まあ、雨が降っていたという事もあるけど、それくらい序盤の坂がきつかったという証

                   

                  第一エイドステーションではコーラ、ポカリ、水と竹輪や塩飴等々が貰えました。

                   

                  出雲路センチュリーライドのエイドステーションはチェックポイントも兼ねていて、スタンプと自分のゼッケン番号の欄の紙に名前を書くことが義務付けられていた。

                  そうすることによって、「きちんと来てますよ、通過してますよ」という事になるんです。

                  だけど、書こうと思ったら、雨水の付いた手で皆んな紙にサインをするものだから紙が破けて書けやしねえ。

                   

                  なんとか紙に名前を書いて、Y君を待つ事15分。

                  やって来たY君は既に満身創痍、顔は青ざめた状態で、「おいおい、今からこんなでどうする」といった感じ。

                  ただ、ここから第二エイドまでは基本平坦区域なので、「ある程度は脚が回復できるよ」と適当にY君をだまくらかして彼がしばしの休憩をとった後に再び出発。

                   

                   

                  途中、トレインに乗っからせてもらったのだけど、このジャージの人たちが速い速い。

                  降ったり止んだりだったのだけど、雨や風をものともせずに、35km前後の速さで走り続ける。

                  本当、その節はありがとうございました。感謝。

                   

                   

                  …と、トレインに乗っかりながら後ろを振り向くとY君の姿は無く。

                  集団のペースにある程度は付いて行けてたのでしょうが、脚を回復するどころの話ではなかったみたいで千切れたっぽい。

                  折角スピードに乗った状態を崩すのは勿体ないので、Y君を見捨てて第二エイドで待つためにそのままトレインでエイドステーションまで猫まっしぐら。

                   

                   

                  47km地点、第二エイドステーション「加茂ラメール」。

                   

                   

                  コンテナの中にスタンプと自分の名前を書く欄の紙の一覧表があったのだけど、第一エイド以上に雨水で紙がむっちゃくちゃなのと、油性ペンが紙をひっかいて破けて書けねえ!!

                   

                  ここでのエイド食は古代米をモチ状にして団子にした豚汁と、ポカリと水。

                  水に関してはボトルに移し替えても良いっぽいので、皆、我先にと移し替えてた。

                   

                  この大会の面白い所は、サポートバイクだと思うのだけど、2ケツで乗ってる後ろ側の女性がフリップボードで応援の文字を書いて参加者に見せつつ走るんです。
                  これは今までにない応援の仕方だったね。

                   

                  で、豚汁をもむもむ食ってると、遅れる事7〜8分くらいでY君到着。

                  なんでも「後ろについて走ってたのだけど、何かにとりつかれたかのようにお前がアタックしかけるから「これに付いて行ったら死ぬ」と思ってやめた」との事。

                   

                  「この後どうしようか?」と聞くと「ペースに合わせられないから先に行っていいよ」との事。

                  分かった、ゴール地点で会おう、と約束をして第二エイドを飛び出したのですが…。

                   

                  第二エイドを過ぎて、自分の脚力で午前11時を過ぎて山岳地帯?に入ったくらいだろうか。

                   

                  いきなりの豪雨発生。

                   

                  ゲリラ豪雨ってここ4〜5年の間によく降るようになったじゃないですか。

                  バケツひっくり返したか、ってな位の雨が降るやつ。

                   

                  あの降り方の2倍くらいの雨の量が延々降ってきたらどうする?

                   

                  山岳地帯だから当然急斜が続くんですけど、それだけの雨の量なもんで、泥や石を含んだ雨水が、坂の上から延々と流れてくるんですよ。

                  言ってみればちょっとした滝ですよ、滝。

                  周りに参加者がいたにも関わらず「うわあああ、なんだこれえええ!」って叫びながら走ってましたもん。

                  後で分かったのですけど、この時松江市と出雲市にかけて1時間で40mmを超える雨の量だったらしく、そうなると行く先々でパンクが続出で、立ち往生してる人を何人見かけたか。

                   

                  助けてあげたい、パンク直してあげたい気持ちはあったんですよ。

                  ほら「旅は道ずれ」とか言うじゃないですか。

                   

                  だけど、もうね…。この時は「動きとめたら寒さで死ぬ」って思いましたよマジで。

                  坂を登るってことは下りもあるって事で、ひーこら言いながら筋肉と心肺駆使して登ってるうちはいいんです。

                  下りになると脚を止めるでしょ、そうしたら途端に身体が冷えてきて、ただでさえ豪雨で下りの際のブレーキが効かなくて手の握力が弱くなってる時なもんですから、下手したら落車の可能性もあるんです。

                  「ああ、冬に八甲田山を登る気持ちってこんなのだったのかなあ」って、頭をよぎりましたよ。

                   

                   

                  山岳地帯の中の休憩所「塩田給水所」。

                  この地点に付いた時も雨の勢いは増すばかりで、言ってみればシャワー浴びてる位、身体の表面を雨水がだばだば伝って流れていく状態。

                  回りの参加者の方々も、「こりゃ厳しいなあ」みたいな事を口々に言ってる状態。

                  まあ、この状態で言わない方がどうかしてる。

                   

                   

                  ここは給水所と銘打ってるだけあって、特にスタンプ等のチェックは無し。

                  脚のつりを抑制するためのアルカリを含んでいるであろう、梅干しやら茄子のワサビ漬け、そしてほうじ茶?があったのですけど、このほうじ茶の温度が暖かくて、飲んだ瞬間「なんで俺、こんな豪雨の中走ってるんだろ…」と、ゲシュタルト崩壊してちょっとだけ涙が出た。

                   

                  この給水所を過ぎて、多少上りはあったものの、下りと平坦地帯に突入。

                  相変わらず全くもって雨は止む気配がない中、「ここで心が折れたら走れるものも走れなくなる!」と、事前に用意してあったゼゲル状の補給食を口にして延々とペダルを回す回す。

                   

                   

                  89km地点、第三エイドステーション「サテライト山陰」に13時前に到着。

                  足切りが13:30だったので安心したのと、「やっと半分まで来たなあ、まだ脚は残ってるし行ける!」と思いつつスタンプを貰いに行くと妙に騒がしい。

                   

                  「すいません、警報が出ましたので大会が中止になりました」

                   

                  参加者の安全を考え、大会事務局の方で協議した結果、中止という判断になったそうで…。

                  まあ、仕方ないと言えば仕方ないですし納得できる判断だったと、このブログを書いてる今も思います。

                  他の参加者の方々も「ふざけんな!!」と係員に詰め寄る人はいなかった。皆「あ〜、そうなの!」みたいな。

                  まさか途中で中止になるとは思ってなかったけど、自分も含め参加者は皆、ある意味落としどころを考えていたんじゃないかと思う。

                   

                  ってか、行けたけどね。

                  いや、この大会の為にアップかましてやって来てた訳で、ここで中止にならずに続行されてtも160kmふっつーに走り切る自信はありましたよ。いや、本当にマジマジ。

                  だけど、大会の方が「勘弁してくれ」って言うんですもん、そりゃ諦めるしかないわー。ないわー。

                  いやー、残念!ほんっとーにざんねんだわーー。

                   

                  で、話のオチとしては。

                  出発前のブリーフィングにて大会事務局の中の人が言っていた事がありまして。

                   

                  「エイドステーションにて棄権された方に関しては回収車を出しますが、第三エイドで棄権される方に関しては、基本自走で帰ってもらう形となります。スタート地点まで15km程ですので

                   

                  この時ばかりは、過去何度も営業で車を使って走ってて良かったと思った。

                  係員に聞いたら「9号線をとにかくまっすぐ走ればイングリッシュガーデンに着きます。他の参加者の方も走ってますから」の一点張りで、おいおい一直線に進んでもスタート地点には戻れんっつーの。

                   

                  後、心配したのはY君の事。

                  「先に行ってていい」と言われて、先行してたものの本当に第三エイドまで来れるのか、来たとしても自分以上に方向音痴なY君、スタート地点まで戻ってこれんのか等々。

                  …ってか、何が悲しくて彼女でもあるまいし、男の心配をせにゃいかんのだ。

                   

                  とか思っていたらY君から連絡が入り、無事にスタート地点で合流。

                  「雨凄かったよなー、どうだった?」と聞くと。

                   

                  「落車した」

                   

                  「えっ」

                   

                  …………………………………………。

                  なんでも第二エイドを過ぎてすぐにグレーチング(下水道の溝の上に置いてある鉄製の格子状の蓋)で思いっきり滑って、左の肘を打ち付けつつ擦りむいたとの事。

                  アームカバーをしていたので、軽症で済んだみたいなのだけど、うーむどこまでもアレな奴だ。

                   

                   

                  スタート地点まで戻って最後のチェック並びに名前書き。

                  毎年、チェックせずに帰路に就く参加者がいるみたいで、事務局の中の人泣かせらしい。

                   

                  …と、結局走破出来ずに終わってしまったこの大会。

                  感想としては「こんな天気で走ることは、まあ一生のうち何度もないだろうなあ」でしょうか。

                  天気が本当に最悪だったのですが、もし天気が良かったらどんなに眺めが良かったか。

                  来年…は分からないけど、いつか参加しなおしたいなとは思いましたね。

                   

                  さて、この次の大会は去年初めての大会を行った「瀬戸内市福祉センチュリーライド」。

                  この大会もY君と参加してまいります。

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:ロードバイク総合

                  | 関西 方麺 | ロングライド「出雲路センチュリーライド」 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
                  リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
                  ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
                  個人的オススメ?ネタ記事
                  岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
                  Powered By 我RSS
                  「出雲路センチュリーライド」は波乱でいっぱい(前編)
                  0
                     

                     

                    9/18日に島根県松江市で行われた「出雲路センチュリーライド」に参加してまいりました。

                    しじみで有名な宍道湖を中心に、平坦ありヒルクライムありの160kmを走破するロングライド(ファンライド)の大会なのです。

                    が、丁度大会の日は秋雨前線が思いっきり西日本を中心に張り出してる状態に加えて、台風16号がどんどんと迫っていている状態で。

                     

                    雨雲レーダーや週間天気用法を見ると17日の夕方から18日にかけて「雨」マークが付いていたのですが、一万円とは言わないまでもそこそこ高い参加費を払っているので、参加しないのは勿体ない。世界の共通語「モッタイナイ」ってな訳で、同時に申し込んでいる「ものぐさが服着て歩いてるでお馴染の友人Y君と一緒に島根県に向かったのですが…。

                     

                    前日の17日の午後4時から会場で事前受付があるとの事で、その時間に間に合わせるために車を走らせていたのですが、ただ走るだけじゃ面白くないので、縁結びで有名な出雲大社に参拝後、名物の「割子蕎麦(出雲蕎麦)」を食べ食べ。

                     

                    出雲大社にほど近い蕎麦屋「一福」にて。 元々この店は「いなさ」と言う名前の店だったが、今の屋号に。

                     

                    16時半位に会場に到着。

                    ゼッケンを貰って辺りを見渡すと、和歌山県に本拠地を置く「DECOJA」が露店を出しいるのを発見。

                    つーか、受付所の真横で出店してるから嫌でも目につく。

                     

                    ゼッケンはシール状になっていて、ヘルメットの右横に装着しないといけなかった。

                    一番始めの写真のヘルメットに貼ってあるやつね。

                     

                     

                     

                    こういう時は色々掘り出し物があったりするのですが、「何か買わないと損」みたいな感覚にとらわれてしまって、結果1000円でサイクルグローブを購入。

                    何か使うこともあるだろうし、家にある古いグローブと交換する事にしよう。

                     

                    18時過ぎにビジネスホテル到着。

                    この時点でそこそこ雨が降ってたので、Y君とそこそこに食事をして翌朝3時半には起きて4時半には出発しようとの事で、21時半に就寝。

                     

                    …と、そこそこ長くなりそうなので続きは後篇に。

                    まさか、あんなファンライドのイベントになろうとは。

                     

                     

                     

                     

                    JUGEMテーマ:ロードバイク総合

                     

                    | 関西 方麺 | ロングライド「出雲路センチュリーライド」 | 09:50 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
                    リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
                    ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
                    個人的オススメ?ネタ記事
                    岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
                    Powered By 我RSS
                    spdのシューズを新調したのは良いけども
                    0

                       

                       

                      「出雲路センチュリーライド」に合わせて、ロードバイクのシューズを新調する事にしました。

                      今現在、わが愛車コラテックドロミテのペダルはspdペダルなのですが、spd対応のシューズと言うのは元来MTB用の物が多く、しかも、形がやぼったいものが多いのです。

                       

                      現在使用しているシューズはシマノ「SH-UT70」。

                      甲が高い極めて日本人な自分の足にもよく合うシューズなのですけど、正直デザイン性が皆無と言いましょうか…。

                      何より腹が立つのがシューズを履く際にベロクロで締め付けるのはまだしも、紐を締め付ける、もしくは脱ぐ際に紐を緩めるという作業が面倒くさいことこの上なし。

                       

                       

                      かといって、上の写真のシューズのようなダイヤル式(BOAシステム)の物を買おうとなると、各社ほぼハイエンドのシューズになるんです。価格にして2万円後半から3万円後半くらいの。

                       

                      仕事用で履いている革靴ですらそんな高いものを履いてないのに、趣味だからと言って高いものを買うのもなあ…と思ってたら。

                      毎度おなじみ?のamazonで中国のメーカーなのでしょうが、上の写真のspdシューズがBOAシステム搭載の物にしては格安で出ているのを発見。

                      レビューを見ると「甲が高い人でも合う」と書いているので、それならばと思ってたのです。

                       

                      が、一つだけ懸念事項が。

                      該当のページの注意書きを読んでみると、インチ数とcm数を書いたモノがあるのですが、どーもその数値がおかしい。

                      …ような気がする。

                       

                      その数値がこちらなのですが。

                      40(25.2cm)41(25.5cm)42(26.2cm)43(26.5cm)44(27.0cm)45(27.5cm) 46(28cm)

                       

                      通常、こういうシューズって海外の物を買うと44とか45で28.5~29cmくらいなんですよ。

                      ただ、メーカーによって多少cmは変わるので、まあこんなものなのかなあと思ってたんです。

                       

                      自分の足のサイズは27.3cmで、甲が高いので27.5cmでも怖い。

                      なら、これでいうところの46(28cm)かなあと思って、とりあえず注文。

                       

                      で。

                       

                      約2週間で商品が到着。

                      「おお、来た来た」と、受け取りして袋を破り、箱を開けて現物を確認。

                      早速履いてみると、おお!普通に履けるしBOAシステムもスムーズに動く。

                       

                      …が、妙に足先がスカスカする感触。

                      まあ、小さくて困るよりかは多少大きい方がなあ…と思いつつ何気なく箱を見ると。

                       

                       

                       

                      ……なんだこれ!!!

                      全然商品ページのサイズガイドと違うじゃん!!

                      46って29.5cmじゃん!!そりゃ2.2mmも違えばハマるっつーの!!

                       

                      人柱のつもりで買ったは良いけど、まさかこんなオチになるとは…。

                      仕方ないので、応急処置でインソールを二重にして履いてみたらどうにか?足先も落ち着いたので、とりあえずこれでセンチュリーライドに特攻しようかと思ったのですが、16日現在一度もこのシューズを使って走った事がなく。

                      下手に卸したてのシューズで走って、足を痛めてもアレなんで、結局はシマノのspdを使うことにする。

                       

                      うん、意味ない。

                       

                       

                       

                      JUGEMテーマ:ロードバイク総合

                      | 関西 方麺 | SIDEBIKE 「spdシューズ」 | 22:47 | - | trackbacks(0) |ブログランキング・にほんブログ村へ
                      リンクから飛んできて見てくださってる皆様、本当にありがとうございます。 他にも稚拙ですが、色々書いてますのでぜひトップページより入り直して頂けると幸いです。
                      ←面白いと思ってくださいましたら押して下さい。管理人が少しだけやる気になれますw 
                      個人的オススメ?ネタ記事
                      岡山メイドカフェ戦争(2006.9/15)・PS3を手に入れて狂喜乱舞の外人さん(2006.11/17)ダウンタウン松本人志氏が感心?したコボちゃん4コマ(2006.12/19)バーチャファイターのスプラッシュマウンテンはバグだったXbox360版、北米版ストリートファイターアニバーサリーは動くかどうか(2007.5/8)Forza2でやっつけラムちゃん祭り(2007.7/2)クリスマスツリーに願いを込めて…(2007.11/27)CRフランダースの犬が世に出る事は間違ってる(2008.2/3)・エロゲー 「まじかるプリンス」 が色んな意味でふびんすぎる件(2008.4/1)明日から使える真っ赤な嘘! 「ウソチクの泉」Part1(2008.5/8)Part2(2008.5/13)
                      Powered By 我RSS
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << December 2016 >>
                      + CATEGORIES
                      + RECOMMEND
                      オヤイデ Fiio ヘッドホンアンプ E6
                      オヤイデ Fiio ヘッドホンアンプ E6 (JUGEMレビュー »)

                      初めてポタアンを使おうと思われてる方にはうってつけrの商品。形も小さいのが吉。
                      + RECOMMEND
                      【正規輸入品】 オヤイデ電気 Fiio iPod/iPhone/iPad専用ドック・オーディオケーブル 8cm L3
                      【正規輸入品】 オヤイデ電気 Fiio iPod/iPhone/iPad専用ドック・オーディオケーブル 8cm L3 (JUGEMレビュー »)

                      iPod(iPhone含む)を音の色付けなくポタアンに送るならDockケーブルを。
                      + RECOMMEND
                      Xbox 360 250GB
                      Xbox 360 250GB (JUGEMレビュー »)

                      もう「壊れやすい」とか「ACアダプタがカマボコ」とは言わせない!外観もも小さく、ACアダプタもコンパクトに。
                      + RECOMMEND
                      The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】
                      The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】 (JUGEMレビュー »)

                      RPGが好きなら嫁を質に出してもやれ!オープンワールドRPGの最高峰!!
                      + RECOMMEND
                      ドラゴンズドグマ
                      ドラゴンズドグマ (JUGEMレビュー »)

                      正直skyrimよりかは出来は落ちるが、国内のメーカーが作ったコンシューマーのオープンワールドRPGの中では最高峰の出来。自キャラも頑張れば美形が作れるぞ。
                      + RECOMMEND
                      DEAD OR ALIVE 5 (通常版)(初回限定特典かすみ あやね ヒトミ セクシーコスチューム DLC&14日間無料のXbox LIVE GMS同梱)
                      DEAD OR ALIVE 5 (通常版)(初回限定特典かすみ あやね ヒトミ セクシーコスチューム DLC&14日間無料のXbox LIVE GMS同梱) (JUGEMレビュー »)

                      セクシー格闘ここに極まれり!お色気ばかりかというとそうじゃない!読み合いも熱い!
                      + RECOMMEND
                      デッドオアアライブ 4
                      デッドオアアライブ 4 (JUGEMレビュー »)

                      ゲームの内容ウンヌンよりもこのクォリティでオンライン対戦ができる!ただの乳揺れゲーと侮るなかれ。
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + PR
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE